ハゼノキ(櫨の木)

落葉高木
関東地方南部以西〜沖縄の山野に生える。高さ7〜10m、直径8〜12cmになる。樹皮は褐灰色〜暗赤色で平滑。老木では縦に裂け目ができる。枝は灰褐色〜帯赤褐色。本年枝は無毛で、直径4〜8mm、突出した小さな皮目が多数ある。葉は互生。長さ20〜30cmの奇数羽状複葉で、4〜8対の小葉がある。小葉は長さ5〜12cm、幅1.8〜4cmの広披針形〜狭長楕円形で全縁、先端は長くとがる。両面とも無毛で、裏面は緑白色。雌雄別株。黄緑色の小さな花を円錐状に多数つける。花序は長さ5〜10cm。花弁は5個、長さ約2mmで、そり返る。果実は核果。直径9〜13mmの扁球形。9〜10月に淡褐色に熟す。表面は光沢があり、無毛。のちに外果皮がはがれて、縦筋のある白いロウ質の中果皮が露出する。花期は5〜6月。
 冬芽は、3〜5個の芽鱗に包まれる。頂芽は長さ4〜8mm、広卵形で先がややとがる。芽鱗は赤褐色でほぼ無毛。側芽は球形で小さい。葉痕はハート形・半円形〜三角形でやや隆起する。維管束痕は多数。(樹に咲く花)
学名は、Toxicodendron succedaneum
ウルシ科ウルシ属

似た仲間にヤマハゼヤマウルシがある。


2009年5月31日 雄株 玉湯
ハゼノキ雄花 ハゼノキ雄花 ハゼノキ雄花
ハゼノキ花序 ハゼノキ葉 ハゼノキ葉裏面
ハゼノキ ハゼノキ樹皮 ハゼノキ



2005年6月12日 雌株 佐草花軸は無毛。葉の先端は長くとがる。
ハゼノキ雌花 ハゼノキ雌花 ハゼノキ葉
ハゼノキ葉 ハゼノキ葉 ハゼノキ葉裏面
葉軸は無毛。
ハゼノキ葉裏面 ハゼノキ樹皮 ハゼノキ樹皮
ハゼノキ
2012年11月22日 果実 西生馬果軸は無毛。果実は光沢があり、無毛。
ハゼノキ果序 ハゼノキ果実
果実は長さ約1cm。外果皮を除くと核があり中果皮に縦筋がある。
ハゼノキ果実 ハゼノキ核
ハゼノキ
2005年12月30日 果実 運動公園果実や花軸は無毛。
2012年10月6日 果実 東生馬果実や花軸は無毛。
2005年7月10日 若い果実 佐草2003年8月15日 城山公園
2012年7月2日 鹿島
小葉は長さ約10cm、先端は長くとがる。小葉の基部は左右不対称。表面は無毛。
裏面は緑白色。裏面は無毛。
2012年7月24日 幼木 八雲
裏面は緑白色。鋸歯のある葉がある。
2010年12月1日 紅葉 東生馬
冬芽や枝は無毛。
2014年4月26日 若葉 大東葉柄や枝は無毛。
小葉の先は長く尖り、両面とも無毛。
葉痕は心形〜三角形。
2010年4月29日 芽吹き 玉湯
2011年3月5日 冬芽 城山冬芽は無毛。葉痕は半円形。
ハゼノキ冬芽 ハゼノキ冬芽 ハゼノキ葉痕
葉痕の上の丸い痕は果序枝の痕。果実
ハゼノキ冬芽 ハゼノキ葉痕 ハゼノキ果実
ハゼノキ果序 ハゼノキ枝 ハゼノキ樹皮
ハゼノキ
2010年2月7日 冬芽 玉湯葉痕は半円形でやや隆起、側芽は球形で小さい。
ハゼノキ冬芽 ハゼノキ冬芽 ハゼノキ葉痕
ハゼノキ冬芽 ハゼノキ
2010年1月11日 冬芽 玉湯
ハゼノキ冬芽 ハゼノキ冬芽 ハゼノキ冬芽
2014年1月29日 冬芽 鹿島冬芽と葉痕
ハゼノキ冬芽葉痕 ハゼノキ冬芽葉痕 ハゼノキ枝
ハゼノキ ハゼノキ樹皮 ハゼノキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑
他の画像を見る。