ハルタデ(春蓼)

1年草
日本全土の水田や畑,荒れ地などの湿ったところに多い。高さ30〜80cm。茎はふつう赤紫色を帯びる。葉は互生し、長さ4〜14cmの長楕円形〜披針形で先は長くとがり、中央部に黒っぽい斑紋があるものが多い。托葉鞘は筒状で縁に短い毛がある。花序は長さ3〜5cmで、白色〜淡紅色の小さな花を多数つける。花柄や小花柄には腺毛がある。花被は長さ2.5〜3.5mmで5深裂し、果期には先が2分岐したY字形の脈が目立つ。そう果は扁平なレンズ形のものと3稜形のものがあり、光沢のある黒色。花期は4〜10月。(野に咲く花)
学名は、Persicaria vulgaris
タデ科イヌタデ属
似た仲間


2009年8月29日 枕木山
ハルタデ ハルタデ ハルタデ


托葉鞘の縁には短毛がある。
ハルタデ ハルタデ ハルタデ
ハルタデ



2006年6月11日 宍道
ハルタデ ハルタデ ハルタデ
ハルタデ ハルタデ ハルタデ
2010年10月6日 玉湯果実は花被に包まれている。
ハルタデ ハルタデ ハルタデ
花被にはY字形の脈がある。レンズ状の果実は長さ約2.4mm。
ハルタデ ハルタデ ハルタデ
3稜形の果実は長さ約2.1mm。
ハルタデ ハルタデ ハルタデ
ハルタデ ハルタデ ハルタデ
2010年10月2日 玉湯
ハルタデ ハルタデ ハルタデ
ハルタデ ハルタデ ハルタデ
ハルタデ ハルタデ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑