ゲンノショウコ(現の証拠)

多年草
北海道〜九州の山野にふつうに見られる。高さ30〜60cm。茎や葉には毛があり、茎の上部、葉柄、花柄、萼には腺毛がまじる。葉は掌状に3〜5深裂する。若葉には紫黒色の斑点がある。花は長い花柄の先に2個つき、紅紫色または淡紅色、白色で直径1〜1.5cm。東日本は白い花、西日本には紅紫色の花が多い。花弁と萼片は5個。花柱は5裂する。さく果は長さ約1.5cmで短毛と腺毛が多い。心皮の上部がくちばし状にのび、その下端に種子がある。熟すと5裂し、裂片は種子を1個ずつ巻き上げる。花期は7〜10月。(野に咲く花)
学名は、Geranium thunbergii
フウロソウ科フウロソウ属
ウマノアシガタの葉との比較


20012年7月15日 美保関柱頭は5裂する。
ゲンノショウコ花 ゲンノショウコ花 ゲンノショウコ花
花は直径約1.8cm。萼には腺毛が多い。果柄に腺毛が混じる。
ゲンノショウコ花 ゲンノショウコ萼 ゲンノショウコ花柄
若い果実。葉は5裂している。
ゲンノショウコ果実 ゲンノショウコ葉 ゲンノショウコ葉
表面には毛が散生する。葉の縁に微毛がある。葉の裏面。
ゲンノショウコ葉 ゲンノショウコ葉 ゲンノショウコ葉裏面
葉の裏面脈上に毛がある。葉柄の毛は下を向く。葉柄基部の托葉。
ゲンノショウコ葉裏面 ゲンノショウコ葉裏面 ゲンノショウコ托葉
茎には下向きの毛が密生する。
ゲンノショウコ茎 ゲンノショウコ茎 ゲンノショウコ



20010年9月21日 大東
ゲンノショウコ花 ゲンノショウコ花 ゲンノショウコ花
若い果実果実の基部は膨らみ種子が入る。
ゲンノショウコ花 ゲンノショウコ果実 ゲンノショウコ果実
ゲンノショウコ葉 ゲンノショウコ葉裏面 ゲンノショウコ葉
茎には腺毛がある。
ゲンノショウコ茎 ゲンノショウコ ゲンノショウコ
2004年8月12日 赤い花が多いが白い花も普通にある。 上東川津
ゲンノショウコ花 ゲンノショウコ花
2007年8月12日 八雲花柄の毛と腺毛萼の毛の様子
ゲンノショウコ花 ゲンノショウコ花柄 ゲンノショウコ萼

葉裏の毛葉柄付け根の托葉
ゲンノショウコ葉 ゲンノショウコ葉裏面 ゲンノショウコ托葉
茎の毛と腺毛
花後
ゲンノショウコ茎 ゲンノショウコ ゲンノショウコ
果実が大きくなる。
ゲンノショウコ果実
2014年9月11日 果実 大垣基部の膨らみに種子が1個入る。。果実は長さ約2cm。
ゲンノショウコ果実 ゲンノショウコ果実 ゲンノショウコ果実
膨らみに種子が1個ある。種子は長さ約2mm。
ゲンノショウコ果実 ゲンノショウコ種子 ゲンノショウコ種子
種子を弾き飛ばしたあとの果実。若い果実。
ゲンノショウコ果実 ゲンノショウコ果実 ゲンノショウコ
2012年10月29日 果実 玉湯果実の基部に5個の膨らみがある。膨らみの中に種子が1個ある。
ゲンノショウコ果実 ゲンノショウコ果実 ゲンノショウコ果実
膨らみの中にある種子。種子は長さ約2mm。種子が弾けたあとの果実。
ゲンノショウコ種子 ゲンノショウコ種子 ゲンノショウコ果実
ゲンノショウコ果実 ゲンノショウコ ゲンノショウコ
2004年11月13日 果実 乃白
2004年7月10日 種子の出た後 ベランダ
ゲンノショウコ果実 ゲンノショウコ果実 ゲンノショウコ果実
2007年2月4日 若葉には紫褐色の斑模様がある。 城山公園
ゲンノショウコ葉 ゲンノショウコ葉 ゲンノショウコ葉裏面
ゲンノショウコ葉裏面 ゲンノショウコ葉柄
2013年4月13日 幼葉 玉湯
ゲンノショウコ幼葉 ゲンノショウコ幼葉


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑
他の画像を見る。