アシタバ(明日葉)

一稔性多年草
関東地方南部、伊豆諸島、東海地方、紀伊半島、小笠原の海岸に生える。高さ0.5〜1.2m。茎は太くて上部でよく枝分かれする。茎を切ると黄色い乳液が出る。葉は大型の2回3出羽状腹葉で、葉柄の基部は袋状の鞘になる。茎の上部では葉身が退化して鞘だけになり、花序や若枝を包んでいる。小葉は広卵形で羽状に裂け、ふちに粗い鋸歯がある。枝先に複散形花序をだし、淡黄緑色の小さな花をつける。花弁は5個あり、内側へ曲がる。小花柄の基部に広線形の小総苞片が数個あるが、総苞片はない。果実はやや扁平な長楕円形。分果の翼状の部分はハマウドほど広くない。花期は8〜10月。(野に咲く花)
学名は、Angelica keiskei
セリ科シシウド属


2013年10月17日 野生化? 美保関
アシタバ花序 アシタバ花序 アシタバ花
小花柄の基部に小総苞片がある。小花柄や花序枝に短毛がある。花序枝の基部に総苞片はない。
アシタバ小総苞片 アシタバ花 アシタバ
花盤に蜜が出ている雄性期の花。花は直径約4mm。
アシタバ花 アシタバ花 アシタバ花
花弁や雄しべが落ちた雌性期の花。柱頭が伸びた雌性期の花。若い果実は長さ約6mm。
アシタバ花 アシタバ果実 アシタバ果実
葉は2回3出複葉。
アシタバ果実 アシタバ果序 アシタバ
上部では葉は殆ど無くなり、大きな鞘となる。
アシタバ葉 アシタバ葉裏面 アシタバ茎
茎は無毛。茎や葉柄を切ると黄色い乳液が出る。
アシタバ茎 アシタバ茎 アシタバ乳液
アシタバ アシタバ



2015年8月4日 美保関
アシタバ アシタバ アシタバ


2011年9月7日 植裁 東生馬小総苞片がある。花柄に毛がある。
アシタバ アシタバ アシタバ
アシタバ アシタバ アシタバ
幼株の葉
アシタバ アシタバ アシタバ
幼株
アシタバ
2010年12月1日 果実 植裁 東生馬
アシタバ アシタバ アシタバ
アシタバ アシタバ アシタバ
アシタバ アシタバ アシタバ
アシタバ アシタバ
2013年9月22日 植裁 東生馬葉柄の切断面、黄色い乳液が出る。
アシタバ アシタバ
2011年7月18日 植裁 東生馬
アシタバ アシタバ アシタバ
アシタバ アシタバ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑