アマチャヅル(甘茶蔓)

つる性多年草
日本全土の山地ややぶに生える。葉は鳥足状複葉で、ふつうは5小葉だが、3または7小葉のこともある。雌雄異株。葉腋に直径約5mmの小さな黄緑色の花を総状につける。花冠は5裂して先端は尾状にとがる。萼は小さい。果実は液果、直径約7mmの球形で、黒緑色に熟す。萼や花冠の跡が環状に残る。花期は8〜9月。(野に咲く花)
学名は、Gynostemma pentaphyllum
ウリ科アマチャヅル属
葉の形が似たヤブカラシは、葉の表面が無毛。


2012年10月25日 雄株 八雲花序軸に毛がある。花の裏面、萼は小さい。
アマチャヅル雄花 アマチャヅル雄花 アマチャヅル雄花
アマチャヅル



2011年10月8日 雄株 八雲雄しべは5個、基部で合着する。
アマチャヅル雄花 アマチャヅル雄花 アマチャヅル雄花
アマチャヅル雄花 アマチャヅル雄花序 アマチャヅル葉
葉の表面に毛がある。
アマチャヅル葉 アマチャヅル葉 アマチャヅル葉
アマチャヅル葉 アマチャヅル葉裏面 アマチャヅル
葉柄の基部から蔓を出して巻きつく。
アマチャヅル アマチャヅル アマチャヅル
2008年9月1日 雄株 玉湯
アマチャヅル雄花 アマチャヅル アマチャヅル
アマチャヅル アマチャヅル
2007年10月20日 雄株 八雲須谷
アマチャヅル雄花 アマチャヅル雄花 アマチャヅル
葉は鳥足状複葉表面には毛が多い。
アマチャヅル葉 アマチャヅル葉 アマチャヅル葉裏面
アマチャヅル アマチャヅル
2008年7月5日 鹿島
アマチャヅル葉 アマチャヅル葉
2008年6月1日 八雲矢谷
アマチャヅル葉 アマチャヅル
2007年12月16日 玉湯毛が生えている。
アマチャヅル葉 アマチャヅル アマチャヅル葉裏面
節々から根を出している。
アマチャヅル アマチャヅル


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑