ヤブカラシ(薮枯)

つる性多年草
北海道(西南部)〜沖縄の畑ややぶ、荒れ地などに普通に生える。葉は5小葉からなる鳥足状複葉。頂小葉は長さ4〜8cmの狭卵形。花は直径約5mm。萼は小さく、花弁は緑色で4個ある。雌しべを囲む黄赤色の花盤がよく目立つ。朝開花し、午前中に花弁と雄しべが落ちると、花盤は淡紅色になる。果実は黒く熟すが、虫えいになることが多い。 別名ヤブガラシ。花期は6〜8月。(野に咲く花)
学名は、Cayratia japonica
ブドウ科ヤブカラシ属
ヤブカラシは2倍体と3倍体があり、3倍体は関東に多く結実せず、葉は全て5小葉。2倍体は5小葉のほかに、3小葉、4小葉の葉が混じる。
中国植物誌(果実近球形、直径約1cm、有種子2〜4顆;種子三角状倒卵形)
葉のよく似たアマチャヅルは葉の表面に毛があるので区別できる。


2008年7月19日 玉湯
ヤブカラシ花 ヤブカラシ花 ヤブカラシ花
2004年8月1日 乃木福富
ヤブカラシ花 ヤブカラシ花 ヤブカラシ花



2008年7月13日 八雲花弁や雄しべが落ち、花盤が黄赤色から淡紅色になる。
ヤブカラシ花 ヤブカラシ花 ヤブカラシ花
葉は5小葉からなる鳥足状複葉。
ヤブカラシ花 ヤブカラシ葉 ヤブカラシ葉
葉の表面は無毛。裏面の脈上に毛がある。葉柄の基部に托葉がある。
ヤブカラシ葉 ヤブカラシ葉裏面 ヤブカラシ托葉
托葉
ヤブカラシ托葉 ヤブカラシ
2015年8月19日 果実 大草
ヤブカラシ果実 ヤブカラシ果実 ヤブカラシ葉
果実は直径約10mm。
ヤブカラシ果実 ヤブカラシ果実 ヤブカラシ葉
未熟なものを含めて4個の種子があった。種子の背面、長さ約4mm、三角状倒卵形。種子の腹面。
ヤブカラシ果実 ヤブカラシ果実 ヤブカラシ
3小葉の葉。4小葉の葉。
ヤブカラシ葉 ヤブカラシ葉 ヤブカラシ
2009年11月16日 果実 玉湯
ヤブカラシ果実 ヤブカラシ果実 ヤブカラシ葉
ヤブカラシ
2005年9月23日 果実 田和山
ヤブカラシ果実 ヤブカラシ
2015年7月29日 若い果実。 福原花弁や雄しべが落ちたあと。
ヤブカラシ果実 ヤブカラシ果実 ヤブカラシ果実
若い果実は直径約7mm。
ヤブカラシ果実 ヤブカラシ果実 ヤブカラシ果実
果実の横断面、未熟な種子が4個ある。未熟な種子は長さ約3.5mm。
ヤブカラシ果実 ヤブカラシ種子 ヤブカラシ
ヤブカラシ
2003年9月23日 若い果実。 乃白小葉は鳥足状につく。 
ヤブカラシ果実 ヤブカラシ葉 ヤブカラシ葉
2003年7月21日 運動公園
ヤブカラシ ヤブカラシ花


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑