アキノタネツケバナ(秋の種浸け花)

1年草
稲刈り後の乾田化した場所や畦道に生える。茎には白い毛が生えるが、無毛のこともある。小葉が全て掌状に浅く裂けるのが特徴。花期は8〜10月。
学名は、Cardamine autumnalis
アブラナ科タネツケバナ属
タネツケバナの仲間



秋に咲いているのでアキノタネツケバナとしているが、詳細が不明なので、未確定です。
2007年10月28日 下佐陀
茎に毛は見られない。
アキノタネツケバナ アキノタネツケバナ アキノタネツケバナ
根生葉は見られない。
アキノタネツケバナ アキノタネツケバナ アキノタネツケバナ
果枝はあまり広がっていない。下部の葉腋から発根している。
アキノタネツケバナ アキノタネツケバナ



2004年11月28日 乃白
アキノタネツケバナ アキノタネツケバナ アキノタネツケバナ
アキノタネツケバナ アキノタネツケバナ アキノタネツケバナ
2004年11月6日 講部
アキノタネツケバナ アキノタネツケバナ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑