アキメヒシバ(秋雌日芝)

1年草
北海道〜沖縄の畑地やあぜ、日当たりのよい空き地などに普通に生育し、群生する。茎は高さ30〜80cm。茎の基部は地面をはい、分けつして四方に広がる。葉は長さ4〜14cm、幅6〜11mm、紫色を帯び無毛、基部にだけ長い毛が散生する。葉舌は長さ1〜2mm。葉鞘は無毛。花序は散房状、長さ6〜12cm、花軸は3〜9個に分かれ小穂を2列につける。小穂は卵状楕円形、長さ2mm、緑色または紫色。第1苞穎は微小、時に欠如、第2苞穎は小穂よりわずかに小さく細毛がある。第1小花の護穎は小穂と同長で細毛がある。果実は乳白色、長さ1mm。花期は8〜9月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Digitaria violascens
イネ科メヒシバ属
似た花に仲間にメヒシバ、コメヒシバがある。
 メヒシバの中軸には小さな微細突起がある。小穂は披針形。下部の葉鞘は毛がある。
 コメヒシバの中軸には微細突起はない。葉舌部にのみ白色長毛。第1苞穎はほとんど退化している。


2011年9月24日 古志
アキメヒシバ アキメヒシバ アキメヒシバ
小穂は長さ約1.8mm。葉は無毛、基部に長毛がある。
アキメヒシバ アキメヒシバ アキメヒシバ
葉鞘は無毛。茎は地上を這わず直立する。
アキメヒシバ アキメヒシバ アキメヒシバ



2011年9月14日 玉湯
アキメヒシバ アキメヒシバ アキメヒシバ
花序枝に微細な刺がある。小穂は1.7mm程度の長楕円形。
アキメヒシバ アキメヒシバ アキメヒシバ
葉鞘、葉は無毛。葉の基部に長毛がある。茎は斜上、直立する。
アキメヒシバ アキメヒシバ アキメヒシバ
アキメヒシバ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑