アカミタンポポ(赤実蒲公英)

多年草
ヨーロッパ原産。1918年には北海道に帰化していたとされる。現在ではほぼセイヨウタンポポと同じ範囲で見られる。地上茎はなく、短縮した太い根茎から不規則に羽状に深裂した根生葉を多数出す。20cmほどの中空の花茎を出し、黄色の舌状花からなる直径3cmほどの筒状花を頂生する。外側の総包片はセイヨウタンポポと同様に外側に反り返る。そう果は暗赤色から赤褐色であることでセイヨウタンポポと識別できる。花期は春。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Taraxacum laevigatum
キク科タンポポ属


2013年4月18日 果実 枕木山
アカミタンポポ果実 アカミタンポポ果実 アカミタンポポ花
アカミタンポポ総苞片 アカミタンポポ果実 アカミタンポポ果実
果実は赤褐色、冠毛は長さ約6mm、果実との間に約1.2cmの柄がある。果実は長さ約4mm。
アカミタンポポ果実 アカミタンポポ果実 アカミタンポポ果実
果実の上部には刺状の突起がある。全体に微毛が密生する。
アカミタンポポ果実 アカミタンポポ果実 アカミタンポポ果実
冠毛には上向きの刺がある。
アカミタンポポ果実 アカミタンポポ冠毛 アカミタンポポ
アカミタンポポ



2007年3月31日 果実 城山公園
アカミタンポポ アカミタンポポ アカミタンポポ
アカミタンポポ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑