2021-3-27 松江の神社を訪ねる その14

松江の花図鑑>日記



2021年3月27日(土) 松江の神社を訪ねる その14 殿町〜法吉町〜川原町
 今日は、去年果実の殻がついていた”すみれ”を確認しました。花の様子からオオタチツボスミレでした。山では、落葉樹が芽を伸ばしていましたが、その中でコウヤボウキの芽吹きを写しておきました。

殿町
オオタチツボスミレ
法吉町
コウヤボウキ(芽吹き)

 今日は、城山公園の稲荷神社、護国神社、松江神社を訪ねて、春日町の摩利支(天)山の松崎神社へ向かいました。拝殿の扁額には「摩利支神社」とあり、また境内には「松尾明神」と刻まれた社名碑もあり、これらの社名の関連については不明です。
 法吉神社から北へ進んだ斜面の上の墓地にお堂があり、中の仏像からは薬師如来かと思われます。

 松江の神社

殿町
稲荷神社
殿町
松江護国神社
殿町
松江神社

春日町
松崎神社
奥谷町
田原神社
黒田町
照床神社

春日町
須賀神社
法吉町
法吉神社
法吉町
薬師堂

お堂の薬師如来像 うぐいす台
法吉神社旧社地
うぐいす台
歳徳神

 白鹿山の長谷正面登山口から20分ほど登ると頂上につき、そこに小さな白鹿神社があります。そばにはお地蔵様も祀られていました。
 白鹿山を下りて東へ向かう道路脇に一畑灯籠が立ち、その奥にはお地蔵様祀られており、また少し先には小さなお堂があり、風化の進んだ木造の仏像が祀られていました。
 ソフトビジネスパークを越えて西持田町の持田神社、川原町の川原神社を周って、下東川津町中尾の秋葉神社へ向かいました。山へ上がる道がわからないので、犬の散歩中の方に尋ねることができました。山へ向かうと山際には仏像を祀った小さなお堂があり、その山径沿いには墓地が並んでいました。最後の墓地から一段高いところに、小さな社があり、これが秋葉神社と思われます。トタン屋根の雨覆いの下に社がありましたが、最近はお祭りされた様子が感じられませんでした。

法吉町
白鹿神社
法吉町
一畑燈籠とお堂
法吉町
お堂

法吉町
お堂の内部
西持田町
持田神社
川原町
川原神社

下東川津町
秋葉神社
下東川津町
お堂
下東川津町
お堂の仏像

西川津町
住吉神社
東本町
船玉稲荷神社



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑