ユリオプスデージー

常緑低木
南アフリカ原産の園芸植物。高さ60〜100cm。葉や茎に柔らかい細毛が生え、全体が灰白色に見える。葉は長さ40~100mm、羽状に深く切れ込む。頭花は直径約5cm、明るい黄色、茎の頂部や枝先に疎に束生又は単生する。舌状花は12〜14個あり雌性、中心の筒状花は両性。総苞はカップ状で総苞片は1列。花柄は長さ7〜10cm。花期は11〜5月。
学名は、Euryops pectinatus
キク科ユリオプス属



2019年4月20日 植栽 玉湯舌状花は13個あり、雌性。頭花の中央は両性の筒状花。

ユリオプスデージー花

ユリオプスデージー花

ユリオプスデージー花

総苞片は1列。

ユリオプスデージー総苞

ユリオプスデージー蕾

ユリオプスデージー蕾

長い花柄の先に頭花が1個つく。葉は羽状に深裂し、綿毛が密生する。葉の裏面。

ユリオプスデージー花

ユリオプスデージー葉

ユリオプスデージー葉裏面

ユリオプスデージー

ユリオプスデージー

ユリオプスデージー





島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑