ワタゲツルハナグルマ(綿毛花車)

多年草
南アフリカ原産。高さ20〜40cm。全体に毛が多い。葉は厚く、タンポポのように深く切れ込む。葉裏には白毛が密生する。頭花は直径約4cm。舌状花や筒状花は鮮黄色で、総苞外片の先が黒く細く尖る。花後盛んに匍匐枝を伸ばして四方に広がる。花期は4〜10月。
学名は、Arctotheca prostrata
キク科ワタゲハナグルマ属
似たものにワタゲハナグルマ(Arctotheca calendula)があり、中央部の筒状花が暗紫色。
Capeweed ( Arctotheca calendula ) is also very similar to creeping Capeweed ( Arctotheca prostrata ), which is only naturalised in Victoria. However, creeping Capeweed ( Arctotheca prostrata ) can be distinguished by its longer creeping stems and its flowers, which have yellow centres.Weeds of Australia



2017年5月11日 大東舌状花も筒状花も黄色。筒状花は両性、舌状花に雌しべが見えない。

ワタゲツルハナグルマ花

ワタゲツルハナグルマ花

ワタゲツルハナグルマ花

舌状花の裏面は褐色を帯びる。花柄は長さ約11cm、毛が密生する。頭花は直径約5.5cm、舌状花は長さ約2.5cm。

ワタゲツルハナグルマ花

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ

筒状花(上)と舌状花(下)。総苞外片の先は尖り黒く、毛がある。

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ

総苞片の先は黒く、綿毛と透明な毛がある総苞片の内側。筒状花の冠毛は鱗片状。

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ

舌状花には冠毛がない。蕾。蕾の花柄には毛が密生する。

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ

花柄の開出毛。毛の拡大。

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ

葉はロゼット状につく。葉は長さ約11.5cm、深裂する。

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ

葉には毛が密生する。葉の裏面は白い。

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ

葉の裏面には毛が密生する。長毛と密生する白い綿毛がある。花が終わると花柄が倒れる。

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ花

花後の頭花。花後の筒状花、種子ができていない。筒状花の冠毛。

ワタゲツルハナグルマ花

ワタゲツルハナグルマ花

ワタゲツルハナグルマ花

ワタゲツルハナグルマ花

ワタゲツルハナグルマ花

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ花




2017年7月18日 大東花後に匍匐枝を長く伸ばす。

ワタゲツルハナグルマ匍匐枝

ワタゲツルハナグルマ匍匐枝

ワタゲツルハナグルマ匍匐枝

ワタゲツルハナグルマ匍匐枝

ワタゲツルハナグルマ匍匐枝

2009年8月22日 植栽 大東花柄に毛が密生し、総苞外片の先が黒く尖る。

ワタゲツルハナグルマ花

ワタゲツルハナグルマ花柄

ワタゲツルハナグルマ葉

ワタゲツルハナグルマ葉裏面

ワタゲツルハナグルマ

ワタゲツルハナグルマ

2009年3月20日 植栽 大東

ワタゲツルハナグルマ葉

ワタゲツルハナグルマ葉

ワタゲツルハナグルマ葉裏面

ワタゲツルハナグルマ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑