ウチワサボテン(団扇仙人掌)

多年草
メキシコ原産の多肉植物。中部以南の温暖な地方で植栽され、沿岸域では野生化している所もある。いくつかの種類・品種がある。葉はなく、茎は緑色で、扁平な団扇形や円筒形をしており、表面に刺がある。茎の縁に黄色い花を咲かせる。花後に、赤紫色または黄色の果実をつける。 花期は6〜8月。
学名は、Opuntia sp.
サボテン科ウチワサボテン属



2019年7月2日 鹿島

ウチワサボテン花

ウチワサボテン花

ウチワサボテン花

若い果実。

ウチワサボテン果実

ウチワサボテン

ウチワサボテン




2015年8月27日 若い果実 美保関果実は長さ約5cm。

ウチワサボテン

ウチワサボテン

ウチワサボテン

果実の縦断面。種子は長さ約5mm。

ウチワサボテン

ウチワサボテン

ウチワサボテン

種子の周囲が肥厚している。若い茎には鱗片状の葉がある。

ウチワサボテン

ウチワサボテン

ウチワサボテン

葉が落ちると、刺座の多数の刺が目立つ。海岸砂浜の荒れ地に野生化している。

ウチワサボテン

ウチワサボテン

ウチワサボテン



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑