ウマノスズクサ(馬の鈴草)

つる性多年草
関東以西〜九州に点在する。無毛。長さ2〜3mほどになる。全草粉白をおび、新芽は暗紫色。葉はやや厚い紙質、三角状狭卵形、長さ3〜9cm、幅2〜5cm、鈍頭で、基部は心形で両側が円い耳状をなし、柄は長さ1〜2cm。花は葉腋に1個まれに2個つき、花柄は長さ2〜4cm、花筒は黄緑色、長さ3〜4cm、細くやや上方へ湾曲し、室部は球形にふくらみ、舷部の上部は拡大して舌状で狭三角形をなし、末端は鈍い鋭尖頭、両縁は少し反り返る。花筒内壁には毛があり、のちに脱落する。舷部内面は紫褐色で、短毛が密生する。さく果は球形から楕円形で、長さ2〜6cm、基部から6裂する。国内での結実はまれである。種子は扁平で卵状三角形、長さ4〜5mm、膜状の翼がある。花期は6〜8月。(日本の野生植物)
学名は、Aristolochia debilis
ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属
似た花にマルバウマノスズクサがある。



2013年8月13日 嫁島

ウマノスズクサ花

ウマノスズクサ花

ウマノスズクサ花

2013年6月27日 嫁島

ウマノスズクサ花

ウマノスズクサ花

ウマノスズクサ花

花は長さ約4cm。花の縦断面。

ウマノスズクサ花

ウマノスズクサ花

ウマノスズクサ花

萼筒の中の毛は奥へ向いている。萼筒の奥に花柱が6個並んでいる。

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ花柱

ウマノスズクサ花柱

雄しべは花柱の裏側に隠れている。花柱の裏の雄しべの葯。裏側から見た雄しべの葯。

ウマノスズクサ雄しべ

ウマノスズクサ雄しべ

ウマノスズクサ雄しべ

葉は長さ約9cm。

ウマノスズクサ葉

ウマノスズクサ葉

ウマノスズクサ葉裏面

若い果実。蕾。

ウマノスズクサ果実

ウマノスズクサ果実

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

小さな株。

ウマノスズクサ




2017年8月21日 嫁島口部に毛が密生する。

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

奥にも毛が密生する。

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

2016年10月19日 花後 嫁島果実に成長したものは見当たらなかった。

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

2014年9月14日 花後 嫁島果実に成長したものは見当たらなかった。

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

2013年9月22日 花後 嫁島果実に成長したものは見当たらなかった。

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

2018年10月24日 嫁島果実はなかった。

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑