ウキツリボク(浮き釣り木)

常緑低木
ブラジル原産の半つる性木本。枝は細く軟弱で、他物によりかかって成長し、枝先は垂れる。葉は長三角形~心形で、鋸歯があり、葉柄があり、互生する。葉腋に長い花柄のある花を吊り下げ、下向きに咲かせる。花弁は淡黄色の5弁花で、赤い5稜がある袋状の萼からやや突き出す形で咲く。花からは褐色の雄しべがついた花柱が突き出る。別名チロリアンランプ、アブチロン。 花期は6〜10月。(植物写真鑑)
学名は、Abutilon megapotamicum
アオイ科イチビ属



2018年5月13日 植栽 玉湯花弁の縁に腺毛のような毛がある。

ウキツリボク

ウキツリボク

ウキツリボク

雌しべと雄しべが合着した蕊柱が伸びる。雄しべは多数、雌しべは5本あるらしい。

ウキツリボク

ウキツリボク

ウキツリボク

ウキツリボク

ウキツリボク



2018年5月12日 植栽 玉湯咲き始めた花。赤い萼の先から黄色い花弁がのぞく。

ウキツリボク

ウキツリボク

ウキツリボク

若い蕾にも5稜がある。

ウキツリボク

ウキツリボク

ウキツリボク

ウキツリボク

ウキツリボク

2010年9月18日 植栽 八雲

ウキツリボク

ウキツリボク

ウキツリボク

ウキツリボク

ウキツリボク

ウキツリボク




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑