ツクシトネリコ

落葉高木
本州〜九州の山地に生える。ヤマトアオダモの変種。樹皮は淡褐色でなめらか。若枝には淡褐色の縮れ毛があるが、後に落ちる。皮目は楕円形。葉は対生し、長さ15〜25cmの奇数羽状複葉。小葉は2〜4対、長さ5〜10cmの広披針形。基部は広いくさび形で、左右不相称。縁には浅い鋸歯。表面は無毛。裏面の脈上に毛がある。雌雄別株。葉の展開と同時に開花し、新枝の先端や葉腋に円錐花序をつける。別名ウラゲオオトネリコ、ヒロハアオダモ。花期は4〜5月。
冬芽は、頂芽は大きく、側芽は対生する。葉痕は半円形。
学名は、Fraxinus longicuspis var. latifolia
モクセイ科トネリコ属






画像はありません。

島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑