ツクバネウツギ(衝羽根空木)

落葉低木
本州(東北地方の太平洋側および関東・中部地方以西)・四国・九州北西部の標高50〜1250mの丘陵地や山地によくあり、しばしば日当たりのよい尾根や岩の多いところに生え、ときに石灰質や蛇紋石の土壌、また開けた林に生える。高さ2mになり、密に分枝し、樹皮は灰色である。髄は細く、中実である。芽は卵形、長さ2〜3mmで、およそ6対の鱗片葉をもつ。若い枝はしばしば赤みをおび、ごくわずかに毛がある。葉は広卵形〜長楕円状卵形で、長さ2〜5(〜6)cm、幅1〜3.5(〜4)cm、先端は鋭尖形または急鋭尖形で鈍頭に終わり、基部はくさび形または円形、粗く不規則な鋸歯があり、まれに不規則な歯牙状鋸歯がある。葉の両面には短い毛が疎生するが、表面はまれに無毛、裏面の主脈基部付近の両側には長さ0.5mm以下の開出毛があり、縁はしばしば紫色をおびる。側脈は3〜4対で裏面でわずかに突出する。葉柄は長さ1〜3mmで有毛である。花は短い柄の先に2(〜4)個つき、長さ0.5〜5mmの共通花柄がある。花は無柄で、ふつう長さ0.5〜2mmの小さい1個の苞と2個の小苞をもつ。萼片は5個、へら状線形〜へら状倒披針形、ほぼ同大で長さは5〜12mm、鈍頭、ときに鋭頭、緑色でしばしば赤紫色となる。花冠は2唇状、ふつう長さ1.7〜3cm、鐘状漏斗形で、白色または黄白色、まれに黄色またはピンク色で、喉部の内側には橙色の網目と長毛があり、外側にはごくわずかに腺毛がある。花筒の下部は筒状で長さ5〜9mm、基部の内側にある蜜腺は小さく、しばしば離生し、短い棍棒状または球状で、腹側はふくらんで、長さ6〜10mm。花冠の上唇は2裂し、裂片は円状卵形で長さ2〜5mm、下唇は3裂し、裂片は広卵形で長さ4〜6mmである。雄しべは4本、2強雄しべで、花筒とほぼ同長、花糸の離生部は長さ6〜8mm、白色で、しばしばわずかに毛があり、葯は長さ2〜3mm。雌しべはわずかに花筒より長く、長さ13〜20mm、しばしばごくわずかに毛があり、柱頭は斜めの円盤状でわずかに2裂して、白色である。子房は細長く、長さ5〜10mm、短毛がごくわずかにあり、縦にはっきりしない稜がある。果期は9〜11月。そう果は線形で、長さ8〜14mm、縦稜があり、粗毛があるか無毛である。種子は1個、狭円柱形で、長さ約5mm。花期は4月下旬〜6月。(日本の野生植物)
学名は、Abelia spathulata
スイカズラ科ツクバネウツギ属
似た花に萼片が2〜3枚のコツクバネウツギがある。



2019年5月21日 花は2個ずつつく。 島根

ツクバネウツギ花

ツクバネウツギ花

ツクバネウツギ花

花冠は長さ約2cm。萼の下部に子房があり、長さ約1cm。上唇は2裂、下唇は3裂する。

ツクバネウツギ花

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

雄しべ4個のうち2個が長い。萼片は5個。

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ萼

ツクバネウツギ萼

葉は4.5〜5cm。

ツクバネウツギ葉

ツクバネウツギ葉

ツクバネウツギ葉

裏面脈上に毛がある。

ツクバネウツギ葉裏面

ツクバネウツギ葉裏面

ツクバネウツギ

株立状になる。

ツクバネウツギ樹皮

ツクバネウツギ




2010年5月30日 枕木山萼は5深裂する。

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

脈上に毛が多い。

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

2008年5月6日 鹿島萼片が5枚ある。

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

主脈基部に白毛が多い。

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

2007年4月28日 蕾 鹿島

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

2005年4月30日 八雲

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

2014年10月23日 果実 東出雲果実には5個の萼片が残る。

ツクバネウツギ果実

ツクバネウツギ果実

ツクバネウツギ果実

果実は長さ約1cm。微毛が散生する。

ツクバネウツギ果実

ツクバネウツギ果実

ツクバネウツギ果実

ツクバネウツギ果実

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ樹皮

ツクバネウツギ

2004年4月24日 総合運動公園 萼が3〜4枚であり、コツクバネウツギのようだ。

ツクバネウツギ

ツクバネウツギ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑