ツボクサ(壺草・坪草)

多年草
関東地方以西〜琉球の山野の平地に生える。茎は地面をはい、節より根を出す。葉は直立し、各節より1〜4個出て、腎形で低い鋸歯があり、径2.5〜5cm、長さ4〜10(〜20)cmの細長い柄がある。花序は茎の節から1〜2(〜5)個出るが、花柄は短い。総苞片は2個で、膜質。花弁は下部が白く、上部は紫色をおびている。果実は長さ2〜3mm、幅3〜4mm、毛はない。扁平な円形で網目状の脈がある。花期は5〜8月。(日本の野生植物)
学名は、Centella asiatica
セリ科ツボクサ属
葉の形がカキドオシに似るが、ツボクサは茎が丸く、毛が少ない。



2019年6月17日 鹿島花弁は5個、雄しべが5個ある。

ツボクサ花

ツボクサ花

ツボクサ花

3個の花の横に4個目の花がついている。

ツボクサ花

ツボクサ花

ツボクサ花

花序は約4×5mm。花は約3×4mm。花弁の落ち始めた花、2個の花柱がある。

ツボクサ花

ツボクサ花

ツボクサ花

2個の総苞片に包まれている。

ツボクサ花

ツボクサ

ツボクサ

手前から総苞片と花弁の開いていない蕾。若い果実、多くは3個の花がつく。総苞片は2個ある。

ツボクサ

ツボクサ果実

ツボクサ総苞片

4花あるものに総苞片が3個ある。節から2個の花序が出ている。

ツボクサ

ツボクサ総苞片

ツボクサ

ツボクサ

ツボクサ




2019年6月20日 果実 大庭果序の基部に2個の総苞片がある。

ツボクサ果実

ツボクサ総苞片

ツボクサ総苞片

ツボクサ総苞片

ツボクサ総苞片

ツボクサ

2010年11月3日 鹿島花弁は5個ある。花弁が落ちている。

ツボクサ花

ツボクサ花

ツボクサ花

ツボクサ葉

ツボクサ

2017年7月13日 鹿島花弁5個、雄しべ5個。雄しべの葯は黒紫色。

ツボクサ花

ツボクサ花

ツボクサ花

ツボクサ

ツボクサ

2007年6月30日 玉湯

ツボクサ花

ツボクサ花

ツボクサ花

ツボクサ葉

ツボクサ

2006年7月15日 果実、中央が花。鹿島

ツボクサ花

ツボクサ

2005年6月19日 蕾 玉湯茎は丸く、ほぼ無毛。

ツボクサ蕾

ツボクサ

ツボクサ

ツボクサ

ツボクサ

2009年6月20日 若い果実 乃木福富

ツボクサ果実

ツボクサ果実

ツボクサ果実

ツボクサ

ツボクサ

ツボクサ

ツボクサ

2014年10月9日 果実 鹿島

ツボクサ果実

ツボクサ果実

ツボクサ果実

果実は長さ約3mm。

ツボクサ果実

ツボクサ果実

ツボクサ果実

果実は2分果からなる。

ツボクサ果実

ツボクサ果実

ツボクサ果実

分果の横断面。果皮の内側に厚く白い内果皮がある。果皮を除いた種子、長さ約2.5mm。

ツボクサ果実

ツボクサ果実

ツボクサ

ツボクサ

ツボクサ

ツボクサ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑