イズモアザミ(出雲薊)

多年草
中国地方(広島県・鳥取県・島根県・山口県東部)に分布する。低山〜山地の夏緑林の林縁や林間の草地に生え高さ70〜250cm。雌性両全性同株。茎はやや直立〜斜上し、中部以上でよく分枝して枝が広角度に伸びる。根出葉と下部の茎葉は花時には生存しない。中部の茎葉の葉身は質がやわらかくあるいはかたく、長さ20〜50cm、幅10〜30cm、披針形または楕円形〜卵形、低平な鋸歯があってほとんど全縁〜鋸歯縁または羽状に浅裂〜深裂し、裂片は5〜6対、上面に褐色の多細胞毛があり、下面に多少ともくも毛があり、とげは長さ1〜5mm、短い葉柄があるか無柄で基部は抱茎する。頭花は数個が総状にまばらにつき、点頭して下向きに咲き、頭花の柄は長さ2〜5mm。総苞は筒形〜狭筒形(雌性頭花)、長さ18〜20mm、径6〜12mm、紫褐色をおびた緑色、多少ともくも毛がある。総苞片は11〜12列、草質、圧着して先端はごく短く開出〜反曲し、総苞外片は卵形、長さ2mm、内片の1/10長。腺体は最外片を除くすべての総苞片にあり、披針形〜楕円形、総苞はよく粘る。花冠は長さ15〜20mm、両性小花は淡紅紫色、雌性小花は紅紫色、狭筒部は広筒部より長い。そう果は長さ3.5〜4mm、灰褐色。冠毛は長さ15〜17mm。別名トゲナシアザミ。 花期は9月〜11月
 和名はとげが少ないためにトゲナシアザミと名付けられた。しかし、このアザミは逆にいちじるしいとげをもつことが特徴なので、この和名は実態を反映していない。そこで出雲国に多いため、イズモアザミという新和名を提唱する。(日本の野生植物)
学名は、Cirsium indefensum
キク科アザミ属



2007年11月10日 東忌部

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ




2007年9月27日 大平山

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ

2007年9月27日 大平山

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ

2006年11月25日 東忌部

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ

イズモアザミ



松江の花図鑑

島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
他の画像を見る。