テキリスゲ(手切菅)

多年草
北海道〜九州の山地の湿った草地に生える。やや大きな株となり、匍匐枝はなく、根茎は太い。稈は高さ25〜50cm、上部は極めてざらつく。葉は稈より長く、幅4〜5mm、平坦、縁は著しくざらつく。基部の鞘は長さ2.5〜8cm、褐色〜濃褐色、糸網がある。小穂は9〜13cmの範囲に5〜6個つく。苞の葉身は葉状、長さ5〜30cm。頂小穂は雄性で長さ5〜8cm、線形、柄は長さ1.5〜3cm、下垂する。雄鱗片は長さ3.5〜4.5mm、帯暗栗色〜帯栗色、光沢があり、鋭頭。側小穂は雌性で円柱形、長さ5〜8cm、下のものは離れてつきやすく、柄は長さ0.5〜6cm。雌花は40〜60列、雌鱗片は倒卵形、長さ2.2から2.5mm、中肋はわずかに隆起し、半透明〜蒼白色、光沢があり、鋭頭または短い芒がある。果胞は広卵形、長さ2.3〜2.6mm、幅1.3〜1.6mm、稜間に脈はなく、平滑、褐色斑点があり、嘴は長さ0.2〜0.3mm、口部は凹形または2小歯。そう果はゆるく果胞に包まれ卵円形、長さ1〜1.2mm、幅0.6〜0.8mm、断面はレンズ形、褐色〜橙褐色で光沢があり、頂部はそのまま花柱基部に接続する。柱頭は2。花期は5〜7月。(岡山県スゲ属植物図譜)
学名は、Carex kiotensis
カヤツリグサ科スゲ属アゼスゲ節
テキリスゲ 基部の鞘 濃褐色、糸網がある。
アズマナルコ 基部の鞘 太い5〜10mm、淡褐色、糸網はない、稜がなく背が円い。



まだ画像はありません。

島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑