タチツボスミレ(立坪菫)

多年草
日本全土の人家付近のやぶや道ばたから山地まで、ごくふつうに生える。花の頃の茎は高さ10cmほどだが、花の後高さ30cmほどに伸びる。花期の葉は長さ約2cmの卵形で、花の後2倍以上の大きさになる。托葉はクシの歯状に深裂する。花はふつう淡紫色だが、変異が多い。花弁は長さ0.8〜1.2cm。距は長さ6〜8mm。花期は4〜5月。(野に咲く花)
学名は、Viola grypoceras
スミレ科スミレ属
スミレの分類



画像はまだありません。





島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑