タンナトリカブト(耽羅鳥兜)

疑似1年草
近畿以西〜九州。西日本ではもっともふつうの種類。茎は高さ0.15〜1.5mと変異の幅があるが、ふつう1mほど。葉は3全裂し、長さ幅とも5〜15cm。花は長さ3〜4cm、散房花序につき、下から順に咲く。花柄には屈毛が密生する。上萼片三角形でくちばしが長い。花弁の舷部はややふくらみ、距は細く長い。雄しべは無毛。花期は9〜11月。(山に咲く花)
心皮は3〜5個(Carpels 3--5)。(Flora of china)
学名は、Aconitum japonicum subsp. napiforme
キンポウゲ科トリカブト属
「疑似1年草」について:北海道のトリカブト属植物について(PDF)



2010年10月23日 美保関果実が4個ずつついている。果実の先端に花柱が残る。

タンナトリカブト花

タンナトリカブト果実

タンナトリカブト果実

花柄には曲がった毛がある。

タンナトリカブト

タンナトリカブト

タンナトリカブト




2008年10月12日 美保関

タンナトリカブト花

タンナトリカブト花

2007年10月7日 美保関

タンナトリカブト花

タンナトリカブト花

タンナトリカブト花

花柄には屈毛がある。葉は3全裂する。

タンナトリカブト花柄

タンナトリカブト蕾

タンナトリカブト葉

全裂しない葉もある。

タンナトリカブト葉

タンナトリカブト花序

タンナトリカブト花序

タンナサワフタギ

2017年11月25日 若い果実 島根果実は1個の花に3個ずつできている。

タンナトリカブト果実

タンナトリカブト果実

タンナトリカブト果実

果実は長さ約1.5cm、先端に花柱が残る。果実に種子が1列に並ぶ。

タンナトリカブト果実

タンナトリカブト果実

タンナトリカブト種子

若い種子は直径約4mm。ひだ状の翼がある。

タンナトリカブト種子

タンナトリカブト種子

タンナトリカブト種子

表面や翼に細かい隆条が多数ある。

タンナトリカブト種子

タンナトリカブト種子

タンナトリカブト

タンナトリカブト

2018年3月17日 果実殻 島根3裂して種子が出たあと。

タンナトリカブト果実殻

タンナトリカブト果実殻

2012年6月5日 美保関

タンナトリカブト葉

タンナトリカブト葉

タンナトリカブト

2015年4月16日 若葉 島根

タンナトリカブト葉

タンナトリカブト葉

タンナトリカブト

タンナトリカブト

タンナトリカブト

2013年4月18日 若葉 美保関

タンナトリカブト葉

タンナトリカブト葉

タンナトリカブト

2012年4月10日 芽吹き 美保関

タンナトリカブト葉

タンナトリカブト葉裏面

タンナトリカブト

タンナトリカブト葉

タンナトリカブト葉

2018年11月10日 八雲葉の幅は約12cm。

タンナトリカブト葉

タンナトリカブト葉

タンナトリカブト葉裏面

茎は無毛。

タンナトリカブト葉裏面

タンナトリカブト茎

タンナトリカブト

高さは約60cm。

タンナトリカブト

タンナトリカブト



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑