タニウツギ(谷空木)

落葉小高木
北海道〜本州の主に日本海側の日当たりのよい山野に生える。下部からよく分枝して株立ちになり、高さ5mほどになる。樹皮は灰褐色。縦に裂けて、はがれ落ちる。本年枝は紫褐色を帯び、皮目が多い。葉は対生し、葉身は長さ4〜10cm、幅2〜6cmの楕円形〜卵状楕円形。先端は鋭くとがり、基部は円形〜広いくさび形。縁には細かい鋸歯がある。裏面は全面に白い毛があるが、とくに脈の両側に密生し、脈上には少ない。葉柄は長さ3〜10mm、有毛で赤みを帯びる。枝先や上部の葉腋に桃紅色または紅色の花を2〜3個ずつつける。花冠は長さ2.5〜3.5cmの漏斗形で、先は5裂する。花筒は下部からしだいに膨らむ。子房は長さ8〜10mmの細い円筒状で、一見すると花柄のように見える。雄しべは5個あり、花筒とほぼ同長。花柱は1個、花筒から少し突き出る。萼は有毛で基部まで5裂する。萼片は長さ4〜7mm。苞は長さ2〜6mmの披針形〜線形で、1対ある。果実はさく果で、長さ1.2〜1.8cm、直径2.5〜3mmの円柱形で、かたい。10月頃熟すと先端が2裂して、長さ1mmほどの楕円形の種子を多数だす。種子の周囲には翼がある。花期は5〜6月。
 冬芽は、卵形。芽鱗は褐色で7〜8対。葉痕は腎臓形〜三日月形。維管束痕は3個。
学名は、Weigela hortensis
スイカズラ科タニウツギ属



2004年5月5日 京羅木山

タニウツギ花

タニウツギ葉

2006年1月29日 果実のあと 東忌部

タニウツギ果実

タニウツギ果実

2003年5月18日 八雲村畑2003年5月28日 八雲村2003年5月12日 松江城山

タニウツギ花

タニウツギ花

タニウツギ花

2005年5月21日 宍道上来待

タニウツギ花

2003年8月16日 果実 東出雲須田2005年11月20日 果実のあと 忌部高原

タニウツギ

タニウツギ

タニウツギ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑