タイサンボク(泰山木)

常緑高木
北アメリカ原産。高さ約20ぐらいになる。葉は互生。葉身は10〜25cm、幅4〜10cmの長楕円形。厚い革質で全縁。表面は光沢があり、裏面は褐色の毛が密生。葉柄は2〜3cm。枝先に直径15〜25cmの芳香のある白い花をつける。花被片9個はすべて花弁状。果実は袋果が集まった集合果。長さ8〜12cmの楕円形、10〜11月に熟す。袋果には種子が2個入っている。花期は6月頃。
冬芽の花芽は大きくて有毛。葉芽は無毛。(樹に咲く花)
学名は、Magnolia grandiflora
モクレン科モクレン属



2018年6月7日 植栽 東出雲落ち残った雄しべがある。

タイサンボク花

タイサンボク花

タイサンボク花

花後(若い果実)。

タイサンボク

タイサンボク

タイサンボク

去年の大きな葉、葉柄とも長さ約23cm。

タイサンボク葉

タイサンボク葉

タイサンボク葉裏面

今年の若い葉、葉柄とも長さ約14cm。裏面には短毛が密生する。

タイサンボク葉

タイサンボク葉裏面

タイサンボク葉裏面

タイサンボク樹皮

タイサンボク

タイサンボク




2003年6月15日 東出雲

タイサンボク

タイサンボク

タイサンボク



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑