シュロ(棕櫚)

常緑高木
中国にも分布し、九州南部のものは自生と推定される。関東以西では種子が鳥によってほうぼうに運ばれ、市街地を中心に野生状態で生えているものが見られる。幹は直立し、高さ3〜7m、径10〜15cmとなり、上部は枯れた葉の葉柄と残存する葉鞘網で密におおわれる。葉は扇状円形、径50〜80cmになり、扇状に多数の裂片に深裂し、裂片は線形で、幅1.5〜3cm、内折し、先は鈍形で浅く2裂し、古くなると先端部分が折れて垂れ下がる。葉柄は長さ1m、幅4〜5cmに達し、基部付近に歯牙と刺状突起がある。葉腋から長さ30〜40cmになる大型の円錐花序を出す。雄花は雄花序にのみつき、淡黄色で、ほぼ球形。萼片は卵状楕円形、先は鈍形となり、長さ1.2mmで、花時には斜開する。花弁は3個で、広卵形、先は鈍形または円形、長さ3mmほどで、花時にも平開せずほぼ直立する。雄しべは6個で、花弁より明らかに長く突出し、花糸は円柱状となる。雄花には3個の退化雌しべがある。雌花序には雌花と両性花がつく。雌花は淡緑色で、3個の雌しべをもち、6個の退化雄しべがある。花柱は3個あり、子房よりも短く、先は浅く2裂する。液果は扁球形で、長さ10〜12mm、幅6〜9mmになり、緑黒色熟する。別名ワジュロ。花期は5〜6。(日本の野生植物)
学名は、Trachycarpus fortunei
ヤシ科シュロ属
似たものにトウジュロがあるが、トウジュロの葉は葉柄がやや短く、斜上し葉先は下垂しない。



2019年5月6日 雄花 美保関まだ雄しべが伸びていない。花弁は3個、平開しない。

シュロ雄花

シュロ雄花

シュロ雄花

花は直径約3.5mm。

シュロ雄花

シュロ雄花

シュロ雄花

花の裏側、萼は3個ある。花弁を除くと、雄しべが6個ある。花の中心に退化した雌しべがある。

シュロ雄花

シュロ雄しべ

シュロ退化雌しべ

シュロ退化雌しべ

シュロ雄花

シュロ雄花

葉は古くなると先端が折れる。幹には葉鞘網が密生する。

シュロ雄花

シュロ

シュロ

シュロ

シュロ




2010年6月6日 西忌部葉の裂片の先が折れて垂れ下がる。

シュロ

シュロ

シュロ

シュロ

2007年1月14日 果実 上乃木

シュロ

シュロ

シュロ

シュロ

シュロ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑