ショウジョウソウ(猩々草)

1年草
アメリカ(合衆国中部〜アルゼンチン)原産で、園芸用に栽培され、ときに逸出する。茎は直立する。葉は腺状の托葉をもち、不規則な浅い鋸歯がある。茎葉は互生し、葉柄は1.5cm以下、下部の葉は披針形、上部の葉は独特のバイオリン形をしており、基部が朱色に色づく。茎の先端に葉を対生し、杯状花序を集散状に配置した花序をつける。杯状花序の苞葉は対生し、独特のバイオリン形をしており、基部が朱色に色づく。総苞の腺体はふつう1〜2個で、横長楕円形で、中央がへこむ。さく果は平滑で無毛。裂開後に宿存する柱状体は長さ約2.5mmである。種子は卵形で、こぶ状突起があり、長さ約2.8mm、幅約2.2mm。花期は夏。(日本の野生植物)
学名は、Euphorbia cyathophora
トウダイグサ科トウダイグサ属



2009年9月27日 野生化 玉湯

ショウジョウソウ

ショウジョウソウ

ショウジョウソウ

ショウジョウソウ

ショウジョウソウ

ショウジョウソウ

ショウジョウソウ

ショウジョウソウ



2017年11月21日 果実 島根苞の一部が赤くなる。花序に1個の黄色い腺体がある。

ショウジョウソウ果実

ショウジョウソウ果実

ショウジョウソウ腺体

果実は直径約6mm。

ショウジョウソウ腺体

ショウジョウソウ果実

ショウジョウソウ果実

果実は3稜があり、中央に花柱が残る。

ショウジョウソウ果実

ショウジョウソウ果実

ショウジョウソウ果実

膨らみに1個ずつ種子が入る。種子は長さ約3.5mm、こぶ状突起がある。種子の表面に白斑がある。

ショウジョウソウ果実

ショウジョウソウ種子

ショウジョウソウ種子

表面に微細な網目模様がある。

ショウジョウソウ種子

ショウジョウソウ種子

ショウジョウソウ種子

苞は長さ約2cm、基部が赤くなっている。

ショウジョウソウ苞

ショウジョウソウ苞

ショウジョウソウ苞

葉は切れ込みがある。葉は葉柄を含めて長さ約7cm。

ショウジョウソウ葉

ショウジョウソウ葉

ショウジョウソウ葉

切れ込みのない葉もある。茎を切ると白い乳液が出る。葉は上部に集まる。

ショウジョウソウ葉

ショウジョウソウ

ショウジョウソウ

ショウジョウソウ

ショウジョウソウ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑