スイカズラ(吸葛)

半常緑つる性木本
北海道南端〜九州の山野や道端などに生える。よく分枝して茂る。主幹は灰褐色。枝には粗い毛が密生する。髄は早くなくなり、枝は中空になる。葉は対生。葉身は長さ3〜7cm、幅1〜3cmの長楕円形。縁は全縁で、先端はあまり尖らず、基部は切形または広いくさび形。表面は毛が少なく、裏面は多毛。冬になると内側に巻く。葉形は変異が多く、まれに粗く羽裂する葉もある。葉柄は3〜7mm、開出毛が密生する。枝先の葉腋に甘い芳香のある花を2個ずつつける。花ははじめ白色またはわずかに淡紅色をおびるが、しだいに黄色に変わる。花冠は唇形で長さ3〜4cm、細い花筒の先が唇状に大きく2裂する。上唇は4裂し、下唇は広線形。雄しべは5個、花柱は1個あり、花冠から長くつきでる。萼は5裂する。花柄は長さ約5mm。苞は葉状、長さ5〜20mmの卵形。小苞は長さ1.2〜2mmと微細。果実は液果。直径5〜6mmの球形で、2個ずつ並んでつく。9〜12月に黒く熟す。種子は暗褐色で、長さ約3mmの広楕円形。別名ニンドウ。花期は5〜7月。
冬芽は狭卵形。芽鱗は暗赤褐色で、先は圧着せずにそりかえる。(樹に咲く花)
学名は、Lonicera japonica
スイカズラ科スイカズラ属
よく似たハマニンドウは苞が長さ2〜3mmと小さく、葉柄など無毛、葉裏は粉白のものが多い。



2009年11月23日 果実 宍道来待

スイカズラ果実

スイカズラ葉




2003年12月10日 果実 広瀬

スイカズラ果実

スイカズラ葉

スイカズラ葉

スイカズラ

2003年7月26日 果実 忌部高原

スイカズラ果実

スイカズラ

2008年8月24日 果実 玉湯

スイカズラ

スイカズラ

スイカズラ

スイカズラ

スイカズラ

スイカズラ

スイカズラ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑