イヌノヒゲ(犬の髭)

1年草
北海道〜九州の湿地に生育する。葉は線状披針形で長さ6〜20cm、中部の幅は1〜5mm、7〜9脈で格子状。花茎は高さ5〜30cm、4〜5肋があってねじれる。頭花は倒円錐形で径3〜4mm。総苞片は線状披針形から倒卵形。花床は有毛または無毛。花苞は倒卵形、上縁に白色の短毛がある。雄花は長さ約1.5〜2.5mm、萼は仏炎苞状に合着し、上部は浅く3裂し、白色の短毛がある。花弁は3個、上部を残して筒状に合着し、裂片に白色の短毛と黒腺がある。雄蕊は6本、葯は黒色、円形である。雌花は長さ約2〜3mm、萼は仏炎苞状に合着、内面に長毛あり、上部は浅く3裂し、縁に白色の短毛がある。花弁は2〜3個で離生し、卵状披針形で基部に柄をもつ、内面に長毛があり、上部は白色の短毛があり、内方に黒腺がある。さく果は1〜3室。種子は倒卵状楕円形で長さ約1mm、表面にT字状の突起がある。花期は8〜9月。
 総苞片の長さ、形態および白色の短毛の量など変異が大きく、特に白色の短毛が多い形をシロイヌノヒゲと区別していたが、他の形質では区別できない。(日本の野生植物)
学名は、Eriocaulon miquelianum var. miquelianum
ホシクサ科ホシクサ属



2014年9月27日 八雲頭花の中央部に雄花がある。雌花は長さ約3mm。

イヌノヒゲ花

イヌノヒゲ花

イヌノヒゲ雌花

花苞と萼に包まれて雌花がある。萼の中に花弁3個と雌しべがある。花苞は長さ約3mm。

イヌノヒゲ雌花

イヌノヒゲ雌花

イヌノヒゲ雌花花苞

花苞の先に棍棒状毛がある。萼は長さ約3mm。萼の先は3裂し、棍棒状毛がある。

イヌノヒゲ雌花花苞

イヌノヒゲ雌花萼

イヌノヒゲ雌花萼

萼の内側には毛がある。3個の花弁は長さ約2.5mm。花弁の片面に毛がある。

イヌノヒゲ雌花萼

イヌノヒゲ雌花花弁

イヌノヒゲ雌花花弁

花弁の先端に棍棒状毛がある。未熟な果実、柱頭は3岐する。雄花、長さ約2.5mm。

イヌノヒゲ雌花花弁

イヌノヒゲ果実

イヌノヒゲ雄花

雄花は花苞と萼に包まれている。花苞は長さ約2.5mm、先に棍棒状がある。萼の先は3裂し、棍棒状毛がある。

イヌノヒゲ雄花

イヌノヒゲ雄花花苞

イヌノヒゲ雄花萼

雄花には筒状の花弁があり、葯は黒色。花弁の先は3裂し、先に棍棒状毛がある。

イヌノヒゲ雄花

イヌノヒゲ雄花

イヌノヒゲ花

イヌノヒゲ

イヌノヒゲ




2013年10月1日 八雲黒いのは雄花の葯。

イヌノヒゲ花

イヌノヒゲ花

イヌノヒゲ花

頭花は総苞を除いて直径約8mm。白い棍棒状の毛が多い。

イヌノヒゲ花

イヌノヒゲ

イヌノヒゲ

雄花は長さ約2mm。雄花は花苞(上)と萼(下)に包まれ
筒状の花弁がある。
反対側。

イヌノヒゲ

イヌノヒゲ

イヌノヒゲ

雌花は長さ約3mm。花苞(下)と萼(右)に包まれ
3枚の花弁がある。
反対側。

イヌノヒゲ

イヌノヒゲ

イヌノヒゲ

花苞の背側に棍棒状毛があり、先が尖る。内側に毛がある。萼の先端は3裂する。

イヌノヒゲ

イヌノヒゲ

イヌノヒゲ

萼の内側には毛がある。花弁の先端に棍棒状毛、
内側(上)に毛がある。
若い果実、3室あり、柱頭は3岐する。

イヌノヒゲ

イヌノヒゲ

イヌノヒゲ

未熟な種子、表面に毛がある。花床に毛がある。

イヌノヒゲ

イヌノヒゲ

イヌノヒゲ

イヌノヒゲ

2012年9月12日 八雲白い毛が生える。黒いのは雄花の葯。総苞片が多く、17個ある。

イヌノヒゲ花

イヌノヒゲ花

イヌノヒゲ花

総苞を含めて直径約13mm。茎は稜があり、ねじれる。

イヌノヒゲ総苞

イヌノヒゲ総苞

イヌノヒゲ茎

イヌノヒゲ

イヌノヒゲ

イヌノヒゲ

2012年10月9日 果実 八雲

イヌノヒゲ果実

イヌノヒゲ果実

イヌノヒゲ果実

苞に包まれた種子。長さは約3mm。裏側。下部に種子が見える。苞(右上)、萼(右中)、花弁3枚、種子。

イヌノヒゲ果実

イヌノヒゲ種子

イヌノヒゲ種子

種子は3個、花柱が残る。長さは約1mm。種子の表面には毛が生えている。種子の表面に網目模様がある。

イヌノヒゲ種子

イヌノヒゲ種子

イヌノヒゲ種子

イヌノヒゲ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑