セリバオウレン(芹葉黄連)

多年草
本州、四国の山地に生える。根生葉は2回3出複葉で、小葉は更に2〜3裂し、質は厚い。早春、高さ7cmほどの花茎を出し、柄のある径1cmほどの白花を開く。花には雄花と両性花(まれに雌花)がある。萼片は5〜7個で披針形。花弁は5〜6個あるが、線状で萼片より短い。花期は3〜4月。
学名は、Coptis japonica var.dissecta
キンポウゲ科オウレン属



2009年3月1日 雄花 八雲両性花

セリバオウレン

セリバオウレン

2006年3月11日 両性花 八雲雄花

セリバオウレン

セリバオウレン

2006年3月5日 雄花 八雲両性花

セリバオウレン

セリバオウレン

2005年3月21日 八雲

セリバオウレン

セリバオウレン

セリバオウレン

セリバオウレン

セリバオウレン

2004年2月21日 八雲

セリバオウレン

セリバオウレン

セリバオウレン

2002年3月2日 八雲2007年3月17日 八雲

セリバオウレン

セリバオウレン



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑