セイヨウヤブイチゴ(西洋藪苺)

小低木
ヨーロッパ原産の帰化植物。日当たりのいい場所に生える。茎は木質化し、直立後、弓形に寄りかかり、稜があり、若い時には黄褐色の毛が生えるがのちに無毛になる。太く鉤状のとげがある。3出複葉、または5小葉の掌状複葉、裏面には綿毛が密生する。頂小葉は卵形、鋭頭から鋭尖頭、長さ4〜9cm、鋸歯縁で、裏面は帯白緑色。花序は頂生し、数個の花を円錐花序につける。花は径約2cm。萼片は長さ8〜10mm、鋭尖頭で軟毛が生える。花弁は白色または淡紅色。雄しべは多数。心皮は多数。果実は赤色から黒色に熟す。小核は楕円形、網目模様があり、長さ3〜4.5mm。別名ブラックベリー。花期は5〜6月。(日本の野生植物)
学名は、Rubus armeniacus
バラ科キイチゴ属



2019年5月29日 打出花は直径約4cm。

セイヨウヤブイチゴ花

セイヨウヤブイチゴ花

セイヨウヤブイチゴ花

蕾、萼に毛が密生する。枝先に円錐花序をつける。

セイヨウヤブイチゴ花

セイヨウヤブイチゴ蕾

セイヨウヤブイチゴ花

セイヨウヤブイチゴ花

セイヨウヤブイチゴ葉

セイヨウヤブイチゴ葉

小葉が4個で、側小葉が2裂のものがある。頂小葉は長さ約7cm。裏面は緑白色。

セイヨウヤブイチゴ葉

セイヨウヤブイチゴ葉

セイヨウヤブイチゴ葉裏面

綿毛が密生する。脈上や葉柄に鋭い刺がある。茎や葉柄に鋭い刺がある。

セイヨウヤブイチゴ葉裏面

セイヨウヤブイチゴ葉裏面

セイヨウヤブイチゴ茎

枝先や花序柄に毛が密生する。

セイヨウヤブイチゴ茎

セイヨウヤブイチゴ

セイヨウヤブイチゴ

セイヨウヤブイチゴ

セイヨウヤブイチゴ




2019年8月3日 幼果 打出色づき始めた果実。

セイヨウヤブイチゴ果実

セイヨウヤブイチゴ果実

セイヨウヤブイチゴ果実

1個の果実は直径約5mm。中に1個の種子がある。種子は長さ約3.5mm。

セイヨウヤブイチゴ果実

セイヨウヤブイチゴ種子

セイヨウヤブイチゴ種子

表面に網目模様がある。まだ青い果実。

セイヨウヤブイチゴ種子

セイヨウヤブイチゴ

セイヨウヤブイチゴ

ほとんどが刈られてしまった。

セイヨウヤブイチゴ

2019年7月6日 幼果 打出色づき始めた果実。

セイヨウヤブイチゴ果実

セイヨウヤブイチゴ果実

セイヨウヤブイチゴ果実

セイヨウヤブイチゴ果実

セイヨウヤブイチゴ果実

セイヨウヤブイチゴ

2019年6月17日 幼果 打出

セイヨウヤブイチゴ果実

セイヨウヤブイチゴ果実

セイヨウヤブイチゴ果実

集合果は長さ約1cm。

セイヨウヤブイチゴ果実

セイヨウヤブイチゴ

セイヨウヤブイチゴ花

5小葉の掌状複葉がある。

セイヨウヤブイチゴ花

セイヨウヤブイチゴ花

セイヨウヤブイチゴ葉

セイヨウヤブイチゴ葉

セイヨウヤブイチゴ葉

セイヨウヤブイチゴ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑