セイヨウエンゴサク

越年草
ヨーロッパ、北アフリカ原産。全草無毛。茎は斜上し、高さ1mほどで、よく分岐する。葉は互生し、3回羽状深裂し、長さ10〜20cmで、多数の小葉に分かれる。小葉は黄緑色でわずかに白味を帯び、長さ0.5〜1cm、幅6〜10mmで、1〜4深裂する。葉の軸が他物に巻き付き、半つる性となる。春に、上部の葉腋から総状花序を出す。花弁は淡紫紅色で先端部のみ濃紫紅色となり、細長く、長さ10〜12mmで、基部に距を持つ。萼片は卵形で、花の1/3ほどの長さで2mm。果実は球形で、直径2mm、果柄は斜上する。花期は3〜5月。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Fumaria muralis
ケシ科カラクサケマン属
セイヨウエンゴサクは花序に花が15個以下で、よく似たカラクサケマン(F. officinalis)は、葉が粉白色を帯び花序に花が20個以上。ニセカラクサケマン(F. capreolata)は、葉は黄緑色、小葉が長さ1.5〜2cm、萼が花弁の1/2で4mm、果柄が下方に曲がる。



2018年5月24日 島根花柄は下方に曲がらない。

セイヨウエンゴサク花序

セイヨウエンゴサク花序

セイヨウエンゴサク花序

花は距を含めて長さ7.5〜8mm。

セイヨウエンゴサク花

セイヨウエンゴサク花

セイヨウエンゴサク花

萼は花の1/3ほどの長さ。

セイヨウエンゴサク花

セイヨウエンゴサク花

セイヨウエンゴサク花

萼を外すと中に子房が見える。萼は縁に鋸歯があり、長さ約3mm。花柄は下方に曲がらない。

セイヨウエンゴサク花

セイヨウエンゴサク萼

セイヨウエンゴサク

受粉後、花弁が落ちると丸い果実が現れる。果柄は斜上している。

セイヨウエンゴサク果実

セイヨウエンゴサク果実

セイヨウエンゴサク果実

若い果実。果実は偏球形で、直径約2.3mm。中に1個の種子がある。直径約2mm。

セイヨウエンゴサク果実

セイヨウエンゴサク果実

セイヨウエンゴサク種子

種子は偏球形、1周する稜がある。反対側。

セイヨウエンゴサク種子

セイヨウエンゴサク種子

セイヨウエンゴサク種子

葉は羽状複葉、黄緑色で白味を帯びない。葉は長さ約9cm。小葉は長さ約9mm、3深裂し更に浅裂する。

セイヨウエンゴサク葉

セイヨウエンゴサク葉

セイヨウエンゴサク

葉の裏面。

セイヨウエンゴサク

セイヨウエンゴサク

セイヨウエンゴサク

セイヨウエンゴサク

セイヨウエンゴサク

近くの別株。少し濃い色の花をつけたもの。

セイヨウエンゴサク

セイヨウエンゴサク

セイヨウエンゴサク

セイヨウエンゴサク

セイヨウエンゴサク

セイヨウエンゴサク




2018年6月2日 花色の濃いもの 島根

セイヨウエンゴサク花序

セイヨウエンゴサク花序

セイヨウエンゴサク花序

花を上から見た様子。花は長さ約1cm。

セイヨウエンゴサク花

セイヨウエンゴサク花

セイヨウエンゴサク花

花は長さ約6.5mm。小さな萼が側面についている。萼は長さ約2mm。

セイヨウエンゴサク花

セイヨウエンゴサク萼

セイヨウエンゴサク萼

花は長さ約6.5mm。萼をはずしたところ。

セイヨウエンゴサク花

セイヨウエンゴサク萼

セイヨウエンゴサク萼

萼は長さ約1.8mm。果柄は斜上する。果実は偏球形。

セイヨウエンゴサク萼

セイヨウエンゴサク果序

セイヨウエンゴサク果実

果実は長さ約2.5mm。果皮をはずしたところ。種子は直径約2mm。

セイヨウエンゴサク果実

セイヨウエンゴサク種子

セイヨウエンゴサク種子

種子の先端。種子の反対側。葉は緑色、粉白を帯びない。

セイヨウエンゴサク種子

セイヨウエンゴサク種子

セイヨウエンゴサク葉

葉は2回羽状深裂し、更に浅裂する。

セイヨウエンゴサク葉

セイヨウエンゴサク葉裏面

セイヨウエンゴサク

セイヨウエンゴサク

セイヨウエンゴサク

セイヨウエンゴサク

セイヨウエンゴサク



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑