オルラヤ・グランディフローラ

1〜多年草
ヨーロッパ原産。茎は直立し、よく分枝する。葉は互生し、まれに基部で対生になる。葉柄は基部で鞘状になる。葉は2~3回羽状複葉。最終裂片は線形。大散形花序に小さな花を多数つける。花序柄は5~12個、ほぼ同長。大花柄は5個以上。総苞と小総苞があり、総苞には白色の縁取りがある。小散形花序は直径10~15㎝。花弁は白色。外側の花弁は深く2裂し、内側のものよりも7~8倍大きい。果実は2分果、長さ6~8㎜、長さ2~3㎜の白色の刺が密生する。花期は3〜5月。(三河の植物観察)
学名は、Orlaya grandiflora
セリ科オルラヤ属



2018年5月15日 野生化 八雲外側の花弁は深く2裂する。小花序は直径約2.5cm。

オルラヤ・グランディフローラ

オルラヤ・グランディフローラ

オルラヤ・グランディフローラ

総苞と小総苞がある。

オルラヤ・グランディフローラ

オルラヤ・グランディフローラ

オルラヤ・グランディフローラ

花後(若い果実)。開いた2個の柱頭が目立つ。

オルラヤ・グランディフローラ

オルラヤ・グランディフローラ

オルラヤ・グランディフローラ

子房に刺が密生している。蕾。葉は2〜3回羽状複葉。

オルラヤ・グランディフローラ

オルラヤ・グランディフローラ

オルラヤ・グランディフローラ

葉は長さ約14cm。

オルラヤ・グランディフローラ

オルラヤ・グランディフローラ

オルラヤ・グランディフローラ

葉の裏面。葉の裏面には毛が多い。葉柄は基部で鞘状になる。

オルラヤ・グランディフローラ

オルラヤ・グランディフローラ

オルラヤ・グランディフローラ

川原に野生化している。

オルラヤ・グランディフローラ

オルラヤ・グランディフローラ

オルラヤ・グランディフローラ





島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑