オオシマザクラ(大島桜)

落葉高木
本州の沿海地の丘陵や低山に生える。高さ8〜10m。樹皮は暗灰色。濃褐色の皮目が目立つ。新枝は淡褐色で無毛。葉は互生し、葉身は長さ8〜13cmの倒卵状長楕円形〜倒卵状楕円形。先端は尾上に伸び、基部は円形、ハート形。ふちには重鋸歯がある。鋸歯の先端は芒状に長く伸びる。両面とも無毛。葉柄は長さ1.5〜3cmで無毛。葉の展開とほぼ同時に開花する。前年枝の葉腋に白色の花が散形状に3〜4個咲く。花序の柄は長さ1.5〜2.5cm。花は直径3〜4cm。花弁は5個で広楕円形で先端は切れ込む。萼筒は長さ7〜8mmの長鐘形で無毛。萼片は長さ6〜7mmの披針形、ふちには鋸歯がある。果実はほぼ球形で紫黒色に熟す。花期は3月下旬〜4月中旬。
花芽は長さ7〜9mmの卵形〜長卵形。葉芽は長卵形〜紡錘形。ともに無毛。葉痕は半円形。維管束痕は3個。
学名は、Cerasus speciosa
バラ科サクラ属



画像はありません。


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑