オオケタネツケバナ(大毛種漬花)

2年草
本州北部と近畿地方以北の日本海側の沢沿いや湿った林下に生える。茎は直立し、普通は毛があるがない場合もある。葉は頭大羽状複葉で、頂小葉は側小葉よりはるかに大きく、側小葉は2〜5対あり、切れ込みがある。花は総状花序となり、花弁は白色。長角果には毛がある。花期は4〜6月。
学名は、Cardamine dentipetala
アブラナ科タネツケバナ属



ニシノオオタネツケバナに変更しました。

島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑