オオブタクサ(大豚草)

1年草
北アメリカ原産。1953年に関東地方で見つかり、現在では西日本を中心に沖縄県から北海道まで分布している。空地、鉄道線路沿い、河川敷などに大きな群落を作る。全体に毛が多く、茎はよく分岐して高さ3m、太さ2〜4cmにもなる。葉は長い柄があって対生し、葉身は長さ20〜30cm。葉は掌状に3〜7裂し、裂片は細長く尖って、両面ともざらつく。茎の頂に長い花穂を出して雄頭花をつけ、基部の苞葉内に雌頭花をつける。 花期は8〜9月。(日本帰化植物写真図鑑)
雌雄同株.雄の頭花は枝先に細長い穂を作り,総包片は合着して皿型になり,複数の筒状花を入れる.雄ずい5個.雌の頭花は雄花序の基部にある包葉にかくれて2~3個ずつつき,緑色のつぼ形の総包に雌ずいのみつく.偽果は長さ5~10mm,先はくちばしとなり,基部に4~8個の刺状の突起。(侵入生物データベース)
学名は、Ambrosia trifida
キク科ブタクサ属
オオブタクサの雌頭花は、総苞に包まれた雌しべのみの1小花からなる。似た仲間に葉が羽状深裂するブタクサがある。



2017年9月4日 玉湯雄花が花粉を出している。傘形の総苞に多数の筒状花がつく。

オオブタクサ雄花

オオブタクサ雄花

オオブタクサ雄花

雄花の総苞は直径約3mm。総苞に3本の黒線がある。

オオブタクサ雄花

オオブタクサ雄花

オオブタクサ雄花

多数の筒状花がある。筒状花の蕾と花粉を出し終わった筒状花(右)。雄花穂。

オオブタクサ雄花

オオブタクサ雄花

オオブタクサ雄花

雄花穂の基部の葉腋に雌頭花がつく。果実が大きくなってきている。

オオブタクサ雌花

オオブタクサ雌花

オオブタクサ雌花

苞葉の中に2〜3個の雌頭花がつく。雌頭花は2〜3個ずつつく。柱頭が2裂している。

オオブタクサ雌花

オオブタクサ雌花

オオブタクサ雌花

雌花は柱頭を除いて長さ約3mm。雌花の総苞には突起がある。

オオブタクサ雌花

オオブタクサ雌花

オオブタクサ雌花

オオブタクサ雌花

オオブタクサ雌花

オオブタクサ花

3中裂した葉。裂けない葉。

オオブタクサ葉

オオブタクサ葉

オオブタクサ葉

表面や脈上に短毛がある。

オオブタクサ葉

オオブタクサ葉

オオブタクサ葉裏面

裏面の葉面や脈上に短毛がある。

オオブタクサ葉裏面

オオブタクサ葉裏面

オオブタクサ




2005年8月28日 西嫁島 花穂は雄花で、左の画像の上部の葉腋にあるのが雌花。雄花の総苞片には黒線がある。

オオブタクサ花

オオブタクサ花

オオブタクサ花

雌花は雄花穂の下部の葉腋につく。雌花

オオブタクサ花

オオブタクサ花

オオブタクサ葉

オオブタクサ

オオブタクサ

2008年8月24日 蕾 玉湯

オオブタクサ蕾

オオブタクサ葉

オオブタクサ葉

オオブタクサ葉裏面

オオブタクサ茎

オオブタクサ葉

2012年11月7日 果実は偽果 乃木福富中心部は尖り、周りに突起がある。

オオブタクサ果実

オオブタクサ果実

オオブタクサ果実

偽果の横断面。偽果の縦断面。長さ約7mmの果実が1個ある。

オオブタクサ果実

オオブタクサ果実

オオブタクサ果実

偽果が落ちた跡。

オオブタクサ

オオブタクサ

オオブタクサ

2012年10月16日 果実は偽果 乃木福富雄花の落ちた長い花穂の下に固まってつく。

オオブタクサ果実

オオブタクサ果序

オオブタクサ果実

総苞に包まれた偽果は長さ約1cm。偽果には稜があり、突起がある。偽果の横断面。

オオブタクサ果実

オオブタクサ果実

オオブタクサ果実

偽果の縦断面。中に果実が見える。

オオブタクサ果実

オオブタクサ

2010年10月27日 果実は偽果 玉湯

オオブタクサ果実

オオブタクサ果実

2009年10月10日 若い果実 玉湯

オオブタクサ果実

オオブタクサ果実

オオブタクサ果実

オオブタクサ

2011年6月15日 乃木福富

オオブタクサ葉

オオブタクサ葉

オオブタクサ葉裏面

オオブタクサ茎

オオブタクサ葉

2010年6月20日 幼株 乃木福富

オオブタクサ葉

オオブタクサ葉

オオブタクサ幼株

2010年6月9日 幼株 玉湯

オオブタクサ幼株

オオブタクサ葉

オオブタクサ幼株

2004年10月24日 西嫁島 掌状にならないもの。

オオブタクサ花序

オオブタクサ花序

オオブタクサ葉

オオブタクサ

オオブタクサ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑