オニヤブマオ(鬼藪苧麻)

多年草
本州〜九州の海岸近くの崖や川の土手に生える。茎は高さ0.7〜1mになる。葉は対生し、長さ10〜15cmの卵状長楕円形〜卵形で、質はやや厚くてざらつき、先は尾状にとがる。ふちにはあらい鋸歯があり、裏面には短毛が密生し、ビロード状になる。また鋸歯は鈍く、重鋸歯にはならない。葉のわきから穂状花序を出し、茎の上部の葉腋に雌花の穂状花序がつき、小花は球状に集まり穂軸上にならぶ。雄花は下部の葉腋に細かく枝分かれした円錐花序につく。花には花弁がない。花期は8〜10月
学名は、Boehmeria holosericea
イラクサ科カラムシ属
ヤブマオの仲間は学者により分類について諸説がある。
よく似たものにヤブマオがあるが、鋸歯が重鋸歯となり、ほとんど雄花をつけない。



オニヤブマオの名前については、混乱があるようなので、ニオウヤブマオに変更して掲載し直しました。
オニヤブマオは無融合生殖を行うものであり、有性生殖を行うものに対して、島根県を取り巻く、山口・広島・福岡などの植物誌はニオウヤブマオの名前が使われているそうです。

島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑