ヌルデ(白膠木 )

 落葉小高木
北海道〜九州の山野に生え、高さ5〜10m。樹皮は褐灰色。枝ははじめは黄褐色の毛が密生する。楕円形の皮目が多い。葉は長さ30〜60cmの奇数羽状複葉で互生し、葉軸に翼がある。小葉は長さ5〜12cm、幅3〜6cmの長楕円形または卵状長楕円形で3〜6対。先は鋭く尖り、基部はくさび形または円形。縁には粗い鈍鋸歯があり、表面は主脈以外は無毛、裏面には軟毛が密生し黄白色。雌雄別株。枝先から円錐花序をだし、黄白色の小さな花を多数開く。花序は長さ15〜30cm、花序の軸には淡褐色の毛が密生する。花弁は5個。長さ約2mmの楕円形。雄花の花弁はそり返り、5本の雄しべは花からつき出る。雌花の花弁はそり返らない。雌しべの柱頭は3裂する。果実は核果。直径約4mmの扁球形で、10〜11月に黄赤色に熟し、白い物質を分泌する。外果皮には茶褐色の細毛が密生する、核は黄褐色で扁球形。花期は8〜9月。
 冬芽は、半球形、芽鱗は黄褐色の軟毛が密生。枝先には仮頂芽。葉痕はU字〜V字形で隆起し、冬芽をとり囲む。維管束痕は多数。
学名は、Rhus javanica var. chinensis
ウルシ科ヌルデ属



2003年9月11日 東出雲春日

ヌルデ

ヌルデ

2003年7月26日 蕾 花序は枝先につく。 忌部高原

ヌルデ

ヌルデ

ヌルデ

ヌルデ




2006年7月9日 葉軸には翼がある。 東忌部  裏面は軟毛が密生し、黄白色。

ヌルデ

ヌルデ

2012年3月14日 冬芽 東忌部葉痕はU字形で、隆起する。

ヌルデ

ヌルデ

ヌルデ

この木の果実は垂れ下がっていない。

ヌルデ

ヌルデ

ヌルデ

ヌルデ

ヌルデ

ヌルデ

ヌルデ

2006年1月15日 冬芽 佐草

果実

2010年12月1日 花後 東生馬

ヌルデ

ヌルデ

ヌルデ

ヌルデ

2006年1月29日 冬芽 佐草

ヌルデ

ヌルデ

ヌルデ

2007年11月17日 虫えい(ヌルデミミフシ) 上乃木



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑