ノミノハゴロモグサ(蚤の羽衣草)

越年草
ヨーロッパ〜西アジア原産で、北アメリカやオーストラリアにも帰化している。灰色を帯びた茎は斜上または直立し、高さ4〜10cmで、基部から分岐する。葉は短い葉柄があって互生し、灰緑色で毛があり、長さ6〜9mmで、掌状に3深裂し、各裂片はさらに細裂する。葉柄基部には托葉があり、これも掌状に中裂する。春に葉腋に花弁のない黄緑色の小さい花を着ける。別名イワムシロ。花期は5〜6月。(日本帰化植物写真図鑑)
花は0.6〜0.8mmと小さい。葉は茎を取り巻く托葉と合着する。花は花弁がなく、開花時には萼筒の先に広卵形の4萼片が斜上する。雌しべ1個、雄しべ1〜3個。
学名は、Alchemilla arvensis
バラ科ハゴロモグサ属



2019年6月20日 大庭托葉に囲まれて花序がある。

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

葉柄は茎を取り巻く托葉に合着する。葉は長さ約5mm。

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

裏面。托葉に囲まれて花序がある。

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

托葉に囲まれた花序。葉は長さ約5mm。

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

花弁はなく、萼筒の先に萼片が4個ある。萼片を広げると、雌しべと柱頭がある。穴の中から雌しべが伸びている。

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

萼筒・萼片は長さ約1.5mm。果実が1個あり、長さ約0.9mm。

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

高さは5cm程度。

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ




2019年6月25日 大庭葉柄の基部に托葉が合着する。托葉に囲まれて花序がある。

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

萼片を含めて萼筒は長さ約1.5mm。雌しべは子房の基部から出ている。

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

若い果実、雌しべが残っている。高さは約3cm。

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ

ノミノハゴロモグサ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑