ノハラスズメノテッポウ(野原雀の鉄砲)

越年草
スズメノテッポウ(広義 Alopecurus aequalis)のうち、水田に多く小穂が長さ3〜3.5mmで芒が明らかに小穂外に突き出すものをスズメノテッポウ(狭義 Alopecurus aequalis var. amurensis)とし、 畑地型で小穂が2〜2.7mmと短く、芒が小穂外にほんの少しだけ出るものをノハラスズメノテッポウ(Alopecurus aequalis var. aequalis)として分ける。花期は4〜6月。
学名は、Alopecurus aequalis var. aequalis
イネ科スズメノテッポウ属

[スズメノテッポウ]
北海道〜沖縄の水田や廃田、休耕水田などに生育し、群生する。茎はやわらかく、叢生。茎の高さ20〜30cm。葉は柔軟・無毛。長さ5〜7cm、幅3〜5mm。葉舌は薄く白色、長さ3〜4mm。花序は穂状、直立し淡緑色、長さ4〜6cm、径3.5mm、多数の小穂を密につける。小穂は広卵形、灰白色ないし灰褐色、長さ2〜2.5mm、1小花からなる。包穎は2枚とも同形・同大で斜上する白色の長い毛がある。護穎は包穎と同長、無毛、背側の基部近くから長さ3mmほどの芒をだす。内穎はない。果実は暗灰色、扁平、長さ1〜1.4mm。花期は4〜6月。(日本イネ科植物図譜)

よく似たものにセトガヤがあり、小花の外花穎の先端に0.6〜1cmの芒があり、小穂の外につきでて目立つ。葯は花期の終わりまで白色またはクリーム色。



2010年5月1日 八雲の荒れ地

ノハラスズメノテッポウ

ノハラスズメノテッポウ

ノハラスズメノテッポウ

小穂は長さ2.5〜2.7mm、芒が目立たない。小穂は長さ約2.7mm。芒が長さ約0.5mmほど出ている。

ノハラスズメノテッポウ

ノハラスズメノテッポウ

ノハラスズメノテッポウ

苞穎の中に1小花のみある。芒は長さ約2mm、護穎の下部からでる。

ノハラスズメノテッポウ

ノハラスズメノテッポウ

ノハラスズメノテッポウ

花序は長さ約5.5cm。

ノハラスズメノテッポウ

ノハラスズメノテッポウ

ノハラスズメノテッポウ

ノハラスズメノテッポウ

ノハラスズメノテッポウ

ノハラスズメノテッポウ






島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑