ノダケ(野竹)

多年草
本州(関東以西)〜九州の山野に生える。根は太く束状。茎は直立し、暗紫色をおび、少数の枝を分け、高さ80 〜150cmになる。葉は有柄、ふつう3出羽状複葉をなし、小葉や裂片は長楕円形、楕円形または長卵形で、裏面は白みをおび、鋸歯は軟骨質でかたく、頂小葉の基部はしだいに細く葉柄へと流れ、葉柄は袋状にふくらむ。複散形花序は密で、萼歯片はなく、花弁は暗紫色まれに白色である。果実は平たく、広楕円形、長さ4〜6mm、分果の背隆条は脈状、側隆条は広い翼状となる。油管は背溝下に1〜4個、合生面に1〜6個。花期は9〜11月。(日本の野生植物)
学名は、Angelica decursiva
セリ科シシウド属



2015年9月29日 東忌部雄しべが伸びている雄性期の花。花は暗紫色の花弁が5個ある。

ノダケ花

ノダケ花

ノダケ花

花は直径約3.5mm。

ノダケ花

ノダケ花

ノダケ花

雄しべと花弁が落ち、柱頭が伸びた雌性期の花。雌しべが立っている。

ノダケ花

ノダケ花

ノダケ花

受粉後の若い果実。雌しべが寝ている。

ノダケ花

ノダケ果実

ノダケ果実

ノダケ果実

ノダケ果実

ノダケ




2011年11月9日 佐草小総苞片がある。

ノダケ

ノダケ

ノダケ

花序の基部に袋状の鞘(総苞)が残る。

ノダケ

ノダケ

ノダケ

幼株

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

2011年10月8日 山代雄しべが伸びた雄性期。小総苞片がある。

ノダケ

ノダケ

ノダケ

花序の基部に袋状の鞘がある。雌性期を過ぎた若い果実。2岐した柱頭が残る。

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

2011年9月28日 大海崎小総苞片がある。花序の基部に袋状の鞘が残る。

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

2003年9月15日 佐草

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

2016年9月24日 佐草

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

2004年11月28日 果実 佐草

ノダケ

ノダケ

ノダケ

2018年10月28日 若い果実 東出雲

ノダケ果実

ノダケ果実

ノダケ果実

果実は長さ約4.5mm。

ノダケ果実

ノダケ果実

ノダケ

ノダケ

ノダケ

2004年11月13日 若い果実 佐草

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

2003年10月26日 乃白 若い果実

ノダケ

ノダケ

2004年10月11日 若い果実 佐草2003年9月11日 (蕾) 東出雲

ノダケ

ノダケ

2011年8月14日 山代

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

ノダケ

2006年8月14日 佐草

ノダケ

ノダケ

ノダケ

2016年4月19日 幼葉 山代

ノダケ幼葉

ノダケ幼葉

ノダケ幼葉

ノダケ幼葉

ノダケ幼葉



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑