ニリンソウ(二輪草)

多年草
北海道〜九州の温帯林の林床や林間の草地にしばしば大きな群落をつくる。根茎は円柱形で節間が短く、単純、長さ3〜5cm、ときに10cmに達し、径3〜12mm、水平に伸びる。茎は高さ10〜55cm、直立し、上部に伏毛がある。根出葉は1〜6個、3全裂、小葉は広菱形〜倒卵形あるいは広倒卵形、長さ2〜6cm、幅1〜4cm、中裂〜浅裂し、白斑があり、葉柄は長さ6〜25cm、無毛あるいはやや開出する毛がある。茎葉は上面に白斑があり、下面に伏毛があり、無柄。花はふつう2個、ときに単生するか3個つき、径1〜3cm、ふつう白色、ときに背面が淡紅紫色あるいは両面とも緑色、花柄は長さ2〜9cm、伏毛あるいはやや開出する毛がある。萼片は5個、楕円形〜円形、長さ6〜18mm、幅4〜16mm、背面に伏毛があり、円頭。雄蕊は長さ5〜7mm、葯は長さ1mm、黄色、花糸は線形。集合果は広卵状、径6mm、果托は無毛、そう果は広楕円形、長さ4mm、斜上毛が生え、柱頭は長さ1mm、太く短く、円柱状で幅よりも長い。ふつう熟した果実はできにくい。花期は4〜6月。(日本の野生植物)
学名は、Anemone flaccida
キンポウゲ科イチリンソウ属




2019年4月12日 植栽 玉湯2個目の花も開いてきた。

ニリンソウ花

ニリンソウ花

ニリンソウ




2019年4月3日 植栽 玉湯花弁はなく、花弁状の萼が5個ある。雌しべが6個、雄しべが多数ある。

ニリンソウ花

ニリンソウ花

ニリンソウ花

背面に毛がある。萼が6個あるものもある。萼が6個の花。

ニリンソウ花

ニリンソウ花

ニリンソウ花

萼が7個の花。雌しべが9個ある。2個目の花は遅れて咲く。

ニリンソウ花

ニリンソウ花

ニリンソウ花

茎頂に葉を輪生する。茎葉は無柄で3輪生する。

ニリンソウ花

ニリンソウ

ニリンソウ茎葉

葉には白斑がある。根生葉は3全裂、側裂片はさらに深裂する。

ニリンソウ根生葉

ニリンソウ根生葉

ニリンソウ葉裏面

ニリンソウ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑