ネズミサシ(杜松)

常緑低〜小高木
本州〜九州の丘陵〜山地の砂地や尾根など、やせ地に生える。ふつう高さ5〜6m、大きいものは10mに達する。樹皮は灰色を帯びた赤褐色。薄くはがれる。若枝には稜がある。古くなると先端が垂れ下ることが多い。葉は長さ1.2〜2.5cmの針状で、3輪生する。先はとがり、さわると痛い。表面には深い溝状になった白い気孔帯がある。雌雄別株。雌雄とも花は前年枝の葉腋につく。雄花は長さ4〜5mmの楕円形で黄褐色。雌花には3個の鱗片がある。球果は直径8〜10mmの球形の液果状。はじめは緑色、翌年または翌々年の10月頃に熟し、黒紫色になる。表面は白いロウ質におおわれる。種子はふつう2〜3個。長さ4〜5mmの楕円形。表面に樹脂のかたまりがある。花期は4月頃。(樹に咲く花)
 雌花は前年枝の葉に版生して,高さ2.5mmくらいで淡緑色を呈し小さい。基部には輪生した長さ2-3mmの針葉を5-6個つけ,次に広皮針形または広卵形,針状鋭尖頭の鱗片が12個くらいあり、さらに広卵形,鋭頭の鱗片3個と最内部の卵形,鈍頭の鱗片3個がある。最内部の鱗片が主としてのちに肥厚し,互にゆ合して胚珠を包み込むのであるが,開花時には鱗片は完全に分離した薄片である。これより外側にある3個の鱗片も肥厚して球果の下半部を構成することもある。そして通常3個の胚珠がこの鱗片と交互の位置に頂生する。胚珠は淡黄緑色の高さ0.7cmくらいでとっくり状で直生し,珠孔は上向してい るが,少し側方を向きそして受粉滴を分泌する。(日本産針葉樹の球果の成熟習性とその外部形態について,15頁)
学名は、Juniperus rigida
ヒノキ科ネズミサシ属



2020年4月21日 雄花(雄株) 東忌部花粉を出している。

ネズミサシ雄花

ネズミサシ雄花

ネズミサシ雄花

ネズミサシ雄花

ネズミサシ雄花

ネズミサシ雄花

雄花は長さ約4.5mm。

ネズミサシ雄花

ネズミサシ雄花

ネズミサ雄花シ

ネズミサシ雄花

ネズミサシ雄花

ネズミサシ雄花

ネズミサシ

ネズミサシ




2020年4月7日 雌花(雌株) 東忌部雌花には3個の種鱗がある。

ネズミサシ雌花

ネズミサシ雌花

ネズミサシ雌花

ネズミサシ雌花

ネズミサシ雌花

ネズミサシ雌花

雌花は直径約1.5〜2.5mm。

ネズミサシ雌花

ネズミサシ雌花

ネズミサシ雌花

種鱗を開くと、3個の胚珠があった。

ネズミサシ雌花

ネズミサシ雌花

ネズミサシ

昨年の球果と雌花

ネズミサシ

ネズミサシ

ネズミサシ

雄花(雄株)花粉をまだ出していない。

ネズミサシ雄花

ネズミサシ雄花

ネズミサシ雄花

葉の表面には溝状の白い気孔帯がある。

ネズミサシ

ネズミサシ

2006年5月3日 雌花 佐草若い球果

ネズミサシ雌花

ネズミサシ雌花

ネズミサシ果実

熟した球果
表面には白い気孔帯が1本ある。

ネズミサシ果実

ネズミサシ葉

ネズミサシ葉

ネズミサシ

ネズミサシ

2020年3月31日 雄花(雄株) 東忌部

ネズミサシ雄花

ネズミサシ雄花

ネズミサシ

雄花は長さ約4mm。雄花は枝先の葉腋につく。

ネズミサシ雄花

ネズミサシ雄花

ネズミサシ

ネズミサシ

ネズミサシ

若い果実(雌株)今年の雌花が見当たらなかった。

ネズミサシ果実

ネズミサシ果実

ネズミサシ果実

ネズミサシ果実

ネズミサシ

2013年1月7日 果実 東出雲直径約8mm。縦断面

ネズミサシ果実

ネズミサシ果実

ネズミサシ果実

横断面。種子は長さ約6mm。

ネズミサシ果実

ネズミサシ種子

ネズミサシ

2013年1月7日 若い果実 東出雲直径約9mm。

ネズミサシ果実

ネズミサシ果実

ネズミサシ果実

縦断面。横断面。種子が3個合わさっている。

ネズミサシ果実

ネズミサシ果実

ネズミサシ種子

種子は長さ約6mm。葉は3輪生する。

ネズミサシ種子

ネズミサシ葉

ネズミサシ葉

葉は長さ約1.8cm。樹皮は縦に剥がれる。

ネズミサシ葉

ネズミサシ樹皮

ネズミサシ

2010年1月17日 果実 宍道

ネズミサシ果実

ネズミサシ果実

ネズミサシ葉

ネズミサシ

ネズミサシ樹皮

ネズミサシ

2011年3月27日 冬芽 大庭葉は3輪生する。

ネズミサシ冬芽

ネズミサシ冬芽

ネズミサシ

ネズミサシ

ネズミサシ樹皮

ネズミサシ

2005年7月10日 東忌部

ネズミサシ葉

ネズミサシ

ネズミサシ樹皮

2005年7月10日 幼木 東忌部

ネズミサシ幼木

ネズミサシ幼木



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑