ナミキソウ(浪来草)

多年草
北海道〜九州の海岸の砂地に生える。茎は四角で多く分枝し、前面に上向きに曲がった毛があり、高さ10〜50cm。葉は長楕円形で短い柄があり、長さ1.5〜3.5cm、幅1〜1.5cm、円頭、基部は切形かやや心形、縁には鈍鋸歯がやや密にあり、やや厚く、両面有毛。花は節あたり2個ずつ1方向に偏って、上部の葉腋に1個ずつつき、長さ1.8〜2.2cmで、青紫色、基部で折れ曲がってほぼ直立する。萼は花時に長さ3mm、果時では5mm内外となり、分果は長さ約1.8mmで半円形、円い小突起がある。花期は6〜9月。(日本の野生植物)
学名は、Scutellaria strigillosa
シソ科タツナミソウ属



2012年8月5日 鹿島

ナミキソウ花

ナミキソウ花

ナミキソウ

2011年7月23日 鹿島花後の萼。

ナミキソウ花

ナミキソウ花

ナミキソウ萼

花後は萼が閉じる。果実は萼の中にある。

ナミキソウ萼

ナミキソウ

ナミキソウ




2011年7月3日 鹿島

ナミキソウ花

ナミキソウ花

ナミキソウ花

蕾の萼。

ナミキソウ蕾

ナミキソウ萼

ナミキソウ葉

ナミキソウ葉

ナミキソウ葉

ナミキソウ葉裏面

ナミキソウ

ナミキソウ

ナミキソウ

ナミキソウ

2014年9月14日 果実 鹿島果実を包む萼。分果は4個、長さ約1.7mm。

ナミキソウ萼

ナミキソウ萼

ナミキソウ果実

果実の表面に突起が密生する。花冠が落ちた萼。中に4分果がある。

ナミキソウ果実

ナミキソウ萼

ナミキソウ果実

花冠は長さ約2cm。上唇(右下)の中に雌しべと雄しべがある。

ナミキソウ花

ナミキソウ花

ナミキソウ花

ナミキソウ花

ナミキソウ

2019年8月31日 果実 鹿島果実を包む萼。若い果実

ナミキソウ萼

ナミキソウ萼

ナミキソウ

ナミキソウ

ナミキソウ

2011年5月20日 鹿島

ナミキソウ

ナミキソウ

ナミキソウ

ナミキソウ

ナミキソウ

2013年10月7日 鹿島

ナミキソウ

ナミキソウ

ナミキソウ

2010年10月11日 鹿島

ナミキソウ

ナミキソウ

ナミキソウ

裏面葉脈の毛と腺点。葉は長さ1.5cmくらい。果実の落ちた跡。

ナミキソウ

ナミキソウ

ナミキソウ

ナミキソウ

ナミキソウ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑