ムラサキマユミ(紫真弓)

常緑低木
本州日本海側〜九州北部の温帯林の中に生える。枝は地表近くをはって伸び、先が立ち上がり、高さ30〜70cmになる。今年枝・前年枝は緑色で平滑、稜はない。冬芽は披針形ないし狭卵形、長さ7〜10mm、淡緑色〜褐色、頂芽の芽鱗は1対、側芽では1個。普通葉は今年枝に1〜2対ずつ対生し、2〜3年残り、芽鱗以外の低出葉はない。普通葉の葉身は革質、披針形ないし長楕円形または倒披針形、長さ6〜12cm、幅1.5〜3cm、基部はくさび形、急鋭尖頭、上面は濃緑色で光沢があり、主脈が目立ち、下面は淡緑色で6〜8対の側脈が突出、縁は基部付近を除いて低い波状の鋸歯があり、鋸歯の先は芒状に伸びる。葉柄は長さ3〜10mm。花序は今年枝の1〜2節の普通葉の葉腋から弓なりに伸び、長さ2〜3cm、花序柄は長さ2〜2.5cm、1〜5(〜9)花を下垂させる。花柄は長さ3〜5mm。花は暗紫色、5数性、径約8mm、萼裂片は半円形、径約2mm、突起状の鋸歯がある。花弁は暗紫色、ほぼ円形、径約3mm、円頭、縁は反り返り、縁にふぞろいの微細な鋸歯がある。雄蕊は5個、花盤の上につき、花糸は花盤上に突き出た突起状、葯は2室。花盤は径約2mm、花弁と同色。さく果は球形、径約8mm、稜はなく、10月ごろに赤熟して5裂開し、朱色で光沢のある仮種皮に包まれた種子を各室から1個出す。 花期は6〜7月。(日本の野生植物)
学名は、 Euonymus lanceolatus
ニシキギ科ニシキギ属



2011年6月29日 八雲

ムラサキマユミ花

ムラサキマユミ花

ムラサキマユミ花

ムラサキマユミ

ムラサキマユミ葉

ムラサキマユミ




2009年7月5日 八雲

ムラサキマユミ花

ムラサキマユミ花

ムラサキマユミ花

ムラサキマユミ花

ムラサキマユミ花

ムラサキマユミ花序

ムラサキマユミ

ムラサキマユミ

2015年6月4日 蕾 島根

ムラサキマユミ蕾

ムラサキマユミ蕾

ムラサキマユミ

ムラサキマユミ

ムラサキマユミ

2009年6月21日 蕾 八雲

ムラサキマユミ蕾

ムラサキマユミ

2008年6月8日 蕾 島根

ムラサキマユミ蕾

ムラサキマユミ葉

ムラサキマユミ葉

ムラサキマユミ葉

ムラサキマユミ葉裏面

ムラサキマユミ幹

ムラサキマユミ

2011年5月4日 若葉と蕾 八雲

ムラサキマユミ

ムラサキマユミ

ムラサキマユミ

2018年8月18日 若い果実 島根

ムラサキマユミ冬芽

ムラサキマユミ冬芽

ムラサキマユミ

2008年7月26日 幼果 島根

ムラサキマユミ

ムラサキマユミ

2015年12月20日 冬芽 島根

ムラサキマユミ冬芽

ムラサキマユミ冬芽

ムラサキマユミ

ムラサキマユミ

2012年3月21日 冬芽 八雲

ムラサキマユミ冬芽

ムラサキマユミ冬芽

ムラサキマユミ葉

ムラサキマユミ

2017年11月25日 島根

ムラサキマユミ

ムラサキマユミ

ムラサキマユミ

ムラサキマユミ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑