ミズヒキ(水引)

多年草
北海道〜琉球の山地や低地の林縁や林下に多い。茎は直立しまばらに枝を分け、ふつう中実で、伏毛があり、高さ40〜80cmになる。葉は茎全体につくか小形の個体では茎の上部に集まり、楕円形〜広楕円形、先は鋭形、基部は広いくさび形、長さ5〜15cm、幅4〜9cm、両面に長さ1mm内外の毛があり、表面の中央にはときに帯紫色の斑が見られる。葉柄は短く、上部の葉はほとんど無柄、托葉鞘は膜質、褐色で、表面と縁に毛がある。萼は4裂し、裂片は卵形で上側のものは赤色、下側のものは色が淡い。雄しべはふつう5個。そう果はレンズ状の卵形、鈎状になった花柱以外は萼に包まれ、長さ約2.5mm、褐色で光沢がある。花期は8〜10月。(日本の野生植物)
学名は、Persicaria filiformis
タデ科イヌタデ属
萼片の全てが白い品種をギンミズヒキという。
よく似たシンミズヒキは、葉の両面がほとんど無毛で、果実が3〜3.5mmと大きい。



2008年9月27日 葉に黒斑のないもの。八雲

ミズヒキ

ミズヒキ

ミズヒキ

葉の表裏とも毛が多い。

ミズヒキ

ミズヒキ

ミズヒキ

ミズヒキ

ミズヒキ




2004年7月4日 鹿島

ミズヒキ

ミズヒキ

2003年9月21日 東忌部

ミズヒキ

ミズヒキ

ミズヒキ

2015年11月12日 果実 東持田

ミズヒキ果実

ミズヒキ果実

ミズヒキ果実

枯れた花被に包まれた果実、長さ約3mm。果実には先が曲がった花柱が残る。

ミズヒキ果実

ミズヒキ果実

ミズヒキ果実

花被を除いた果実。V字形の斑紋がある。

ミズヒキ果実

ミズヒキ

ミズヒキ葉

ミズヒキ

ミズヒキ

2010年11月11日 果実 八雲

ミズヒキ

ミズヒキ

ミズヒキ

ミズヒキ

ミズヒキ

ミズヒキ

ミズヒキ

2004年7月3日 安来市

ミズヒキ

ミズヒキ

2007年9月15日 斑入り 東忌部

ミズヒキ

ミズヒキ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑