ミゾシダ(溝羊歯)

夏緑性シダ植物
北海道〜九州の低地のやや湿気た所に生える。根茎は長く這う。葉柄はやや褐色で毛が多くつき、基部に三角状披針形で淡褐色〜褐色の鱗片がつく。葉身は1回羽状複葉で、両面ともに毛が生え、上部の羽片は中軸に流れてつく。裂片の側脈は単条か二叉で先端は辺縁に達する。ソーラスは長楕円形で葉脈に沿って中肋と辺縁の中間につき、包膜はない。
学名は、Stegnogramma pozoi ssp. mollissima
ヒメシダ科アミシダ属



2008年5月4日 玉湯下部の羽片

ミゾシダ

ミゾシダ

上部の羽片は中軸に流れる。

ミゾシダ

ミゾシダ

中軸には毛が多い。

ミゾシダ

ミゾシダ

ソーラスは長楕円形で包膜がない。羽軸にも毛がある。

ミゾシダ

ミゾシダ

葉柄基部には褐色卵形の鱗片がつく。

ミゾシダ

ミゾシダ

2008年4月27日 東忌部下部の羽片

ミゾシダ

ミゾシダ

上部の葉身

ミゾシダ

ミゾシダ

中軸、羽軸には毛が多い。ソーラスは包膜がなく、葉脈に沿ってつく。

ミゾシダ

ミゾシダ

ミゾシダ

ミゾシダ

葉柄基部には褐色卵形の鱗片がつく。

ミゾシダ

ミゾシダ

2008年7月13日 八雲

ミゾシダ

ミゾシダ

ミゾシダ

ミゾシダ

ミゾシダ

ミゾシダ

ミゾシダ

ミゾシダ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑