ミゾカクシ(溝隠)

多年草
日本全土の田の湿り気のあるところに生える。高さ10〜15cm。茎は細く、地を這って長く伸び、節から根を出して増える。葉は長さ1〜2cm、幅2〜4mmの披針形で左右2列にをまばらに互生する。葉腋から長い花柄をのばし、淡紅紫色を帯びた花を1個つける。花が終わると花柄は下を向く。花冠は長さ約1cmでほぼ同じ大きさに5裂する。花冠の裂片は、横向きに2個、下向きに3個と片寄ってつく。雄しべは葯が合着して花柱を取り囲み、ヘビが鎌首をもたげたように見える。雄しべが花粉をだしてから、雌しべの柱頭が顔をだす。別名アゼムシロ。花期は6〜10月。(野に咲く花)
「筒の先にある毛が押されると花粉が押し出されます。花粉が全部出たあとに雌しべがでてきます。」(沖縄の自然を楽しむ野草の本)
学名は、Lobelia chinensis
キキョウ科ミゾカクシ属



2018年8月13日 八雲柱頭が見えていない雄性期の花。

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

上部裂片の間から雄しべの葯筒が出ている。葯筒から毛状のものが出ている。

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

ミゾカクシ葯筒

花冠を除く。雄しべは上部で合着する。5本の雄しべの葯は合着する。葯筒の先の毛が押されると花粉が出る。

ミゾカクシ雄しべ

ミゾカクシ葯筒

ミゾカクシ葯筒

雄しべの基部は毛があり、花柱を取り囲む。葯筒を割ると花粉がある。葯筒の中にあった未熟な柱頭。

ミゾカクシ雄しべ

ミゾカクシ葯筒

ミゾカクシ柱頭

柱頭の側面。柱頭が伸びでた雌性期の花。花粉が全て出ると柱頭が伸びてくる。

ミゾカクシ柱頭

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

下唇の緑色の斑には毛がある。上部から見た花。雄しべが上部で合着する。

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

葯筒から伸びだした2裂する柱頭。

ミゾカクシ柱頭

ミゾカクシ柱頭

ミゾカクシ




2017年9月25日 八雲柱頭が見えていない雄性期の花。花柱が伸びてきた雌性期。

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

柱頭。花冠の奥に毛がある。花は長い柄の先につく。

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

2013年7月17日 大草雄しべの間から丸い柱頭が出ている雌性期の花。

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

下唇の基部に緑色の斑がある。柱頭が見えていない雄性期の花。葯筒の先の毛が見えている。

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

萼の下に子房がある。花は幅が約1.6cm。

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

葉には浅い鋸歯がある。葉は長さ約1.9cm、両面とも無毛。

ミゾカクシ花

ミゾカクシ葉

ミゾカクシ葉

葉は左右に並ぶ。葉腋から長さ約2cmの花柄を出す。

ミゾカクシ葉裏面

ミゾカクシ

ミゾカクシ

ミゾカクシ

ミゾカクシ

2005年6月19日 玉湯

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

2004年6月26日 乃白

ミゾカクシ葉

ミゾカクシ花

ミゾカクシ花

ミゾカクシ

2004年7月24日 東持田

ミゾカクシ花

ミゾカクシ

2005年9月3日 西忌部

ミゾカクシ花

ミゾカクシ葉

2018年9月18日 八雲果実は長さ約6mm。小さな種子が多数入っている。

ミゾカクシ果実

ミゾカクシ果実

ミゾカクシ

未熟な種子は長さ0.5〜0.6mm。

ミゾカクシ

ミゾカクシ

ミゾカクシ

2014年9月27日 果実 八雲果実に長さ約3cm以上の果柄がある。

ミゾカクシ果実

ミゾカクシ果実

ミゾカクシ果実

未熟な果実は長さ約7mm。未熟な種子は直径約0.5mm。

ミゾカクシ果実

ミゾカクシ種子

ミゾカクシ種子

ミゾカクシ花

ミゾカクシ

2015年9月2日 若い果実 大海崎果実の先端に5個の萼片が残る。

ミゾカクシ果実

ミゾカクシ果実

ミゾカクシ果実

果実は長さ約8mm。果実の縦断面。

ミゾカクシ果実

ミゾカクシ果実

ミゾカクシ果実

未熟な種子は長さ約0.5mm。

ミゾカクシ種子

ミゾカクシ種子

ミゾカクシ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑