ミチバタナデシコ(道端撫子)

1〜越年草
ヨーロッパ原産の帰化植物。茎は下部で分岐し、高さ30cmほどになる。茎は無毛型と有毛型がある。葉は線形で対生し、基部が合着して鞘状になる。茎の頂に球状の花序をつけ、直径1cmほどの淡紅色の5弁花を苞片の間から出す。種子は盾形で細かいこぶ状隆起がある。花期は春。
学名は、Petrorhagia nanteuilii
ナデシコ科コモチナデシコ属



2010年5月20日 玉湯

ミチバタナデシコ

2007年6月2日 玉湯葉の基部は鞘状になって茎を抱く。

ミチバタナデシコ

ミチバタナデシコ

ミチバタナデシコ

種子には突起があるらしいが小さなルーペでははっきりしない。

ミチバタナデシコ

ミチバタナデシコ

ミチバタナデシコ

ミチバタナデシコ

採取後の種子を写した。小さな突起がたくさんある。 種子の裏側は凹んでいる。

ミチバタナデシコ

ミチバタナデシコ

ミチバタナデシコ



2007年5月20日 東忌部大谷

ミチバタナデシコ

ミチバタナデシコ

ミチバタナデシコ

ミチバタナデシコ

ミチバタナデシコ

2006年6月11日 宍道来待

ミチバタナデシコ

ミチバタナデシコ

ミチバタナデシコ

ミチバタナデシコ

2006年6月18日 袖師

ミチバタナデシコ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑