メハジキ(目弾き)

一〜越年草
北海道〜琉球の道ばたや荒れ地に生える。根出葉は卵心形で長い柄があり、鈍鋸歯または鈍い欠刻がり、花時には枯れる。茎は直立して高さ50〜150cm、分枝し、短い圧毛がある。下部の茎葉は2〜5cmの葉柄があって3深裂〜全裂し、長さ4〜9cm、幅3〜7cm、基部は広いくさび形、裂片はさらに分裂して終裂片は線状披針形、鋭頭または鋭尖頭、下面は白色の短毛が密生して灰白色をおびる。上部の葉はしだいに小形になってほとんど無柄、長さ4〜10cm、卵形〜披針形で側裂片は短くなり、最上部のものでは倒披針形で分裂しない。花は上部の葉腋にかたまってつき、刺針状の短い小苞がある。萼は筒状で5脈があり、長さ6〜7mm、先は等しく5浅裂して裂片の先は刺状にとがる。花冠は紅紫色、唇形で外面は白い短毛が密生し、長さ10〜13mm。分果は3稜形の広いくさび形で長さ2〜2.3mm、黒色。花期は7〜9月。(日本の野生植物)
秋に芽生えた丸い根生葉は切れ込みが深くなり、3〜7裂した掌状葉となる。
学名は、Leonurus japonicus
シソ科メハジキ属



2014年10月23日 東出雲花は長さ約1.4cm。

メハジキ花

メハジキ花

メハジキ

メハジキ花

メハジキ花

メハジキ

2013年8月17日 佐草

メハジキ花

メハジキ花

メハジキ

メハジキ




2012年9月6日 美保関唇形花の外面には軟毛が生える。

メハジキ花

メハジキ花

メハジキ花

花は長さ約1.4cm。萼は長さ約6mm、刺状に尖り、腺点がある。

メハジキ花

メハジキ花

メハジキ萼

萼の基部に小苞がある。上部の葉は裂けずに線形。

メハジキ小苞

メハジキ葉

メハジキ

メハジキ

メハジキ葉

メハジキ茎

メハジキ

2007年8月26日 佐草

メハジキ花

メハジキ花

メハジキ葉

メハジキ

2005年8月28日 佐草

メハジキ花

メハジキ花

メハジキ

上部の葉は線形となる。下部の葉は3裂し、裂片は羽状に裂ける。

メハジキ葉

メハジキ葉

メハジキ

メハジキ

メハジキ

2016年9月24日 佐草

メハジキ花

メハジキ

メハジキ

2005年9月10日 八雲

メハジキ花

メハジキ

2014年12月10日 果実 東生馬果実はほとんど落ちてしまっている。萼は長さ約8mm、基部に小苞がつく。

メハジキ果実

メハジキ果実

メハジキ果実

分果は長さ約2.5mm。分果の腹面(左)、背面(右)。分果の腹面、1稜がある。

メハジキ果実

メハジキ果実

メハジキ果実

分果の背面。

メハジキ果実

メハジキ

メハジキ

2012年10月6日 果実 東生馬果実は4分果。

メハジキ

メハジキ

メハジキ果実

分果は長さ約2mm。

メハジキ萼

メハジキ果実

メハジキ

メハジキ

メハジキ

2010年12月1日 果実殻 東生馬

メハジキ

メハジキ

メハジキ

メハジキ

メハジキ

メハジキ

メハジキ

2004年10月24日 果実 佐草

メハジキ果実

メハジキ

2012年6月18日 佐草

メハジキ

メハジキ

メハジキ

2012年6月14日 美保関葉は3裂して、更に深裂する。

メハジキ

メハジキ

メハジキ

葉の裏面は毛が多い。

メハジキ

メハジキ

メハジキ

茎にも短毛が密生する。別の場所

メハジキ

メハジキ

メハジキ

2007年11月10日 秋に芽生えた葉は花期の葉と全く違う。 佐草芽生えの葉は丸く、鋸歯がある。

メハジキ

メハジキ

メハジキ

2007年9月15日 幼株 佐草

メハジキ

メハジキ

メハジキ

メハジキ

2011年11月9日 幼株 佐草

メハジキ

メハジキ

メハジキ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑