マテバシイ(馬刀葉椎)

常緑高木
本州〜沖縄の沿海地に生える。高さ15m、直径60cmほどになる。樹皮は灰黒色でなめらか。縦に白い筋が入る。本年枝は淡緑色で、浅い5本の溝があり、はじめは褐色の鱗状の毛がある。2年目には無毛となり、灰褐色。楕円形の皮目が多い。葉は互生。らせん状につき、枝先に集まる傾向がある。葉身は5〜20cm、幅3〜8cmの倒卵状楕円形で、厚い革質。先端は短くとがり、基部はくさび形。全縁。側脈は10〜13対。表面にははじめ褐色の鱗状の毛が散生するが、まもなく無毛になる。裏面ははじめ葉脈に沿って褐色の毛が密生するが、のち無毛となる。葉柄は長さ1〜2.5cm。托葉は長さ5mmの線形で、開葉後まもなく落ちる。雌雄同株。雄花序は長さ5〜9cm、新枝の葉のわきから数個が斜上する。雄花は苞のわきに1〜3個ずつつく。苞は褐色で長さ1mmほど。花被は皿状で、6裂する。雄しべは12個、花糸は長さ4mmほどで、花被の外にのびだす。雌花序は長さ5〜9cm、新枝の上部の葉のわきから斜上し、雌花が1〜3個つく。雌花は直径1cmほどの総苞に包まれる。花柱は円柱形で3個。雌花序の上部にはしばしば雄花がつく。果実は堅果。長さ1.5〜2.5cmの長楕円形で、翌年の秋に成熟する。下部は直径約1.5cmの椀状の殻斗に包まれる。核斗の外面には鱗片が瓦重ね状にびっしりと並んでいる。堅果の底は少しへこむ。花期は6月。
冬芽は球形または卵形。(樹に咲く花)
学名は、Lithocarpus edulis
ブナ科オニガシ属



2010年6月20日 植栽 八雲雌花雌花序の上に雄花がつく。

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

去年できた果実。

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ




2009年6月27日 雌花序の上に雄花序がついている。 東持田雄花序の部分。

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

雌花序の部分。昨年できた果実。

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

2010年5月30日 蕾 東持田

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

2018年2月27日 幼果 東持田去年の花の果実。

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

冬芽は卵形。

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

葉身は長さ約12cm。表面は無毛。無毛だが鱗状毛の名残のようなものがある。

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

裏面は緑色。無毛だが、微細な粒状物が密生する。

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

2011年3月27日 冬芽 植裁 大庭

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ

マテバシイ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑